FXトレード日記

【FX副業で教育資金を稼ぐ】米ドルカナダドルで+90PIPS!2020年10月第5週実践記録

FXをはじめて28週目に入りました。  7勝5敗で+214PIPSでした。米ドルカナダドルで90PIPS一気に抜いた!

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している科長トレーダー時々ぱぱ@えむどぱです。

3人の子供の教育資金を稼ぐためにFXを始めました。

FXをはじめて28週目に入りました。  7勝5敗で+214PIPSでした。

今週の札束持っての殴り合いはどうだったのでしょうか?

2020年10月5週目のお品書き

 

2020年10月26日

ユーロキウイ

長期の上昇チャネル下限3度目のタッチ。黄色のポイントで反転した。白の200MAで止まった。黄色から白までフィボを引き押し目を狙った。20MAとフィボ0.5でLエントリーするもずるずると下落していった。他の通貨ペアもユーロが弱いので安値更新前に損切。

-50.8PIPS

2020年10月27日

ユーロ円

下降チャネルの上限と30分足での200MAとフィボ0.5と合致。ダブルトップを形成しネックライン割れからの戻りを売りを狙った。上ひげの長い陰線確定でSエントリー。白いトレンドラインまで目指し反発したので利確した。

しかし、その後さらに下落していき100PIPS以上も下落。チキン利食いとなった。

+33.6PIPS

豪ドルキウイ

長い下降チャネルの下限付近からの反転上昇狙い。白のトレンドラインブレイクでLエントリーした。しかし、まだまだ下落して損切りとなった。

長い下降トレンドは一度レンジやもみ合い相場へと転換してからトレンドの反転が起こる。

まずは高値の更新を確認してからのエントリーでも良かったと反省の多いトレードであった。

-34.66PIPS

2020年10月28日

米ドルカナダドル

長期の下降チャネルの上限をブレイクして安値を切り上げている。1時間足で200MAを抜いたところからLエントリー。上昇が止まりフィボで0.3までゲラスしたポインドで半分利確。その後0.5まで反発したのでもう1発エントリーした。+20.98

その後下落が止まらずにフィボを0.5を割り200MAも割ってしまったので全決済した。

-24.69  -2.63

フィボで0.7で反発を確認したのちに再度エントリーした。その後強い上昇がでてフィボで1.6%で利確した。+96.07

ポンド円

下降チャネルの中で白のトレンドラインをブレイクしたポイントからのSエントリーした。

ポンドなので強い下落が起こった後は、強いトレンドの反転が起こりやすいので利確には注意した。並行チャネルを引ける予想の下限で利確した。

これは予想通りその後反転した。良いトレードだった!

+113.56

 

2020年10月30日

ユーロキウイ

①オレンジの上昇チャネルの下限で下ヒゲの長い陰線後に上昇し200MAで反発、2σと突き抜けて戻り売りを狙った。フィボで0.5・20MAでLエントリーしたが下がっていき10月26日に損切り。

②緑の上昇トレンド付近からの上昇後フィボで0.3での戻り売り狙い。ダブルトップの左肩が形成後ネックラインでエントリーしてしまい右肩の頂点で損切り。

-34.7

右肩の形成を確認しネックライン割れてSエントリー。戻ったところでもう1発Sエントリー。ネックライン分下がったところで利確とした。

+38.14 +21.17 +38.56

まとめ

7勝5敗で+214PIPSでした。

トレンドラインブレイクでのエントリーはうまくいく傾向がありました。逆にトレンドの転換からの3波目を捉えにいっているのですが、その後1波目の安値を切り上げていく流れになり損切りとなってしまう。これは必要経費と捉えるか減らすべきか?難しいところである。例えば、米ドルカナダドルのようなトレードではチャネルブレイク後の戻りで何度も損切りしている。そこを損切りせずに耐えるか、切って上昇を待つか?この辺の考察を徹底していきたい。

ABOUT ME
えむどぱ
えむどぱ
100人の部下を抱える管理職をして10年。3人の子供の教育費に日々悩まされ、副業に取り組んでいます。副業はFXとブログ運営。副業の結果を日々記録していきます。 自身の体験をもとに会社組織での立ち振る舞いや副業での実績を公開!副業・資産運用、仕事・キャリア論などについて発信していきます。