投資・貯蓄の悩み

【FX副業で教育資金を稼ぐ】2020年5月第3週実践記録

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している えむどぱ@trading1104 です。

3人の子供の教育資金を稼ぐためにFXを始めました。

5週目に入りました。11戦中2勝しかできませんでした。。。

 

今週の札束持っての殴り合いはどうだったのでしょうか?

2020年5月18日

ユーロ円

4時間足

長期にはダウントレンドで中期には上昇トレンド。

30分足

短期には緩やかな上昇トレンド。調整局面からのエントリーを考えていた。

最初のエントリーは調整後の上昇を狙って、フラッグ形成後の前回の高値がサポレジであるのが理想であったが、その下あたりにラインができていたのでそこをブレイクでロングエントリー。しかし、高値更新できず戻ったところで利確。

その後下方向へ方針変更し、ショートでエントリーするも再度上昇し、ペナントとなった。

トレンド発生時のペナントは、トレンド継続パターンなのでそのセオリーに準じて損切り。

-3.75PIPS

反省

下降トレンドでエリオット波動の5波目後のAB波後のC波待ちと捉えていれば、明らかにロングの局面。ほぼほぼ負けない局面であり、どんなエントリーポイントでも良いことに気がつく。

ユーロ豪ドル

30分足

中期の上昇チャンネルを抜けたところでのショートエントリー。

グリーンのチャンネルを抜けたところでのショートエントリー。レッドライン内で下降していったが、レッドラインを抜けたところで利確。

-5.67PIPS

 

2020年5月19日

ユーロ円

昨日のユーロ円でのペナント形成後のレッドチャンネルブレイクに乗り、ロングエントリー。利確を前回高値の下のラインで利確。しかし、その後再上昇した。

結果としてチキン利食いとなってしまったが、そもそも、そんなに上がるシナリオを立てられていなかった。20MAを割ってから調整と考えて割るまで待っての利確でもよかったかもしれない。

+48.17PIPS

ユーロ豪ドル

レッドチャンネルを抜けたので上目線だと考えてロングエントリー。下げてきてレッドチャンネルがサポートに転換すると考えてナンピン。しかし、その後下降して青矢印で利確。

-146.39PIPS

反省

レッドチャンネルをブレイクと考えていてが、角度が急すぎるし狭すぎる。このチャンネルは確定していなかった。おそらく赤のチャンネルではなく、ピンクのチャンネルを意識されていた。

早い段階でのチャンネル崩れは次のチャンネルの形成が確定していない。特に角度がきつく、狭いチャンネルは要注意である。

2020年5月20日

ユーロ円豪ドル円

シナリオ

強い上昇トレンド後からの調整をショートでエントリー。

長期足ではサポレジ転換し上昇トレンド。中期・短期でも上昇中。今回のトレンドの高値をつけきったポイント。

フィボナッチトレースメントでの38.2までの調整を狙う。上昇時にも調整が入っているポイントであるし、重要なラインにもなっている。38.2まで下がったところで50まで狙えるかを考える。その際は20MAやMACDも参考にするとした。

結果、23.6までは下落したもののその後上昇しレッドラインを抜けたので決済。負けてしまったが、ルールには従えた。

利確ポイントを23.6までは下落したのでそこでの決済ができればよかったのか?

同じような動きをしている2通貨をエントリーし、損切りは大きく損失を増やす。

どれか1つに絞ってエントリーすることが必須であろう

-50.03PIPS

2020年5月22日

キウイ円

シナリオ

2ヶ月くらいの間63.73-65.838の間を推移。65.838のラインをブレイクし戻ったところ。サポレジ転換して上昇トレンドとなるであろうと予想。損切りは再度65.838のラインに戻ったらとする。

結果

ブレイク後65.838のラインに戻ったため、損切りとした。

-33.35PIPS

 

ユーロドル

シナリオ

4時間足では2週間以上レッドチャンネル内を推移している。丁度高値付近に到達し下落途中。青の水平線ブレイクでエントリー。利確は38.6までは最低ラインとする。その後伸ばせそうなら50付近までいきたい

 

結果的にはフィボナッチで50までは行く前にレンジになったしまったので一旦利確した。

今までだったら、フィボナッチの23.6でチキン利食いしていたところであったが我慢できたのは成長と捉えよう!

+53.48PIPS

2020年5月18日から5月22日のまとめ

2勝9敗

散々な結果となりましたね。ただ勝ちの平均額が大きく上昇しました。

でも、まだまだ負けのPIPS数も大きいので損切りがまだ甘いんでしょうね。そして、エントリーポイントが良くない。負けても良いので根拠のあるエントリーをし続けないといけない。

チャンネルラインでのトレードを意識してトレードした週となった。長期・中期のトレンドラインをチャンネルラインを見ることで方向性を確認できる。長期足の方向性に順張りすることが大きくは外れないことであると認識できてきた。

そして中期足の方向性がわかることで、長期と中期の方向性の違いによりエントリータイミングを待つことができるようになる。

これはポジポジ病から抜け出すきっかけとなりそうだ。

今週前半は利確タイミングを設定していたが、待てなく損切りしていた。後半はじっくりと待ち利確することを意識してみた。スイングに近いトレードを意識してみたが、含み損の時間が長く苦しさも相当あることを実感。

トレードは待つことの大切さと辛さがある

 

 

 

 

ABOUT ME
moridai
moridai
100人の部下を抱える管理職をして10年。3人の子供の教育費に日々悩まされ、副業に取り組んでいます。副業はFXとブログ運営。副業の結果を日々記録していきます。 自身の体験をもとに会社組織での立ち振る舞いや副業での実績を公開!副業・資産運用、仕事・キャリア論などについて発信していきます。