FXトレード日記

FXオシレーター系RCIでトレードしたら負けた! 2021年1月1週 -115PIPS

FXオシレーター系のRCIを取り入れてのトレードで負けました( ; ; )RCIはなかなか難しいですね。FXをはじめて37週目に入りました。 0勝 2敗で -115PIPSでした。

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している科長トレーダー@えむどぱです。

3人の子供の教育資金を稼ぐためにFXを始めました。

FXをはじめて37週目に入りました。 0勝 2敗で -115PIPSでした。

今週の札束持っての殴り合いはどうだったのでしょうか?

AUD/NZD

白のチャネルラインの下限からのエントリー意識されている水平線も合致しているので硬いと判断。日足レベルではRCI長期が上昇し中期が0ラインを抜けてきた。

しかし、トレンドラインを割り込み損切りした。日足では20MAがサポートとなり再度上昇していった。損切りが早すぎた( ;  ; )

-8.42PIPS

 

EUR/NZD

日足レベルでは上昇トレンドでエリオットでは4波の終焉で5波の初動を捉えるイメージであった。しかし、2波の安値を切り下げて損切りとなった。

RCIによる環境認識では長期が-80から抜け出し中期は0ラインを上昇した。上昇トレンドの継続であると考えるが、強く下落していった。

-107PIPS

まとめ

0勝 2敗で -115PIPSでした。

トレード回数は2回と少ないです。12月はほとんど勝てない月でした。平行チャネルでのラインタッチでのブレイクや逆張り手法は2択であるが、はずし続けるとはずれ続ける。勝率は25%程度まで下落している。

そこで平行チャネルのラインの部分にオシレーター系のRCIを使用して抜けるか?反発するかを予想しようといった具合である。

今回も全く逆方向に動いていってしまった。

平行チャネルのチャネル上下限でのエントリーはRRが良いことは間違いない。ここでもトレードがmustであることは今後も変わりはないと思っています。

あとはそこでロングかショートかどちらを選択するかのみを予測できればよい。そもそも予測なんてできないという人もいるだろうが、その人だってエントリーする時にはどちらかにエントリーしているわけだから、、、

もう少しRCIを平行チャネルに加えてトレードしていこうと考えています。

ABOUT ME
科長トレーダー
科長トレーダー
3人の子供の教育費に日々悩まされ、副業に取り組んでいます。副業はFXを中心に仮想通貨にもチャレンジしています。資産形成のためインデックスファンドやETFも勉強中。当ブログ運営はFXの結果を日々記録していきます。 副業や資産運用などについて発信していきます。