ブログ運営

アドセンスads.txtファイル警告!エックスサーバーの設定方法

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している もりだい@moridai1104です

google アドセンス ads.txtファイル警告が出た!

なにこれ???重大なエラーってやばいの?

Xサーバー使っているんだけどどうやってしたらいいの?

でも大丈夫です。Xサーバーへads.txtをアップロードしたら解決されます!

今回は、googleアドセンスads.txt警告の解除方法について解説していきます。

googleアドセンスads.txt警告とは

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

AdSense:Ads.txt に関するガイド

 

不正に広告を貼られたりするリスクを避け、広告収入を増やすメリットがあるわけですから、ぜひ、設定しておきたいですよね。

 

googleアドセンスからads.txtファイルをダウンロードする方法

google アドセンスにログインします。

「ダウンロード」を押すとads.txtファイルがダウンロードされます。

ダウンロードされた「ads.txt」ファイルをデスクトップに保存します。

黒の編みかけの部分がサイト運営者のIDになります。

Xサーバーへads.txtファイルのアップロード方法

Xサーバーへログインします。

「サーバー」の「ファイル管理」をクリック

 

ファイル名がたくさんできてきますので、自分のサイトドメインをクリックします。

 

「public.html」をクリック

  1. ファイルのアップロードでファイルを選択。先ほどデスクトップに保存した「ads.txt」を選択
  2. 「アップロード」
  3. ファイル名の文字コード変更を「UTF-8」に変更
  4. 「ads.txt」がファイル一覧の中に入れば完了

 

これで作業は完了です。最後に正しく設定されているかを確認します。

正常にアップロードできたか確認

「サイトURL/ads.txt」で確認できます。上記のようにはじめにデスクトップに保存したads.txtファイルの文字列が表示されれば正常にアップロードされています。

 

 

ABOUT ME
moridai
moridai
日本北部で100人の部下を抱える管理職をして10年。 自身の体験をもとに仕事の悩みや会社組織での立ち振る舞いについて、同じ目線で記事執筆することを心がけています。