【youtube】著作権ブロック状況を見る方法と回避・解除方法

youtube
スポンサーリンク

こんにちは もりだい@moridai1104 です

 

youtubeは最近著作権にとてもうるさくなっています。youtubeで動画のコピペが問題になっているからです。

 

でも、アップロードした動画が著作権侵害になっているかどうかはどこで見ることができるのでしょうか?

 

そして、youtubeにアプした動画を解除する方法やそもそもブロックを回避する方法があるのでしょうか?

 

今回は、youtubeに実際にアップした動画の著作権ブロックをかけられたものやブロックの種類・回避方法について解説していきます。

スポンサーリンク

youtubeの著作権ブロックの種類

著作権侵害の警告を受けた場合、それは著作権者が YouTube に正式な法的リクエストを送信したためお客様の動画が削除されたことを意味します。著作権者から、YouTube にコンテンツが無許可で掲載されているという正式な通知があった場合は、著作権法に従いアップロード動画を削除します。

youtube:著作権侵害の警告に関する基礎知識より引用

 

著作権違反には4段階あります。

1. 著作権侵害の申し立て
2. 一部の国や地域でブロックされています。
3. すべての国でブロックされています。
4. 著作権違反により動画を削除しました。

 

著作権侵害の状況を見る方法は、youtubeトップ画面の右上のアイコンから「youtube stadio」をクリックして、動画をクリックすると、アップロードした動画が閲覧できます。

 

「収益化」の欄を確認すると自身の著作権違反状況が確認できます。

 

動画の著作権者による申し立て情報や著作権者の情報も見ることができます。

アップロードした動画に使用されている、他人のコンテンツやそのコンテンツの著作権者が記載されています。

 

著作権侵害も申し立ての状態であれば、広告を掲載し著作権者に収益が入るので著作権者にはありがたい話です。しかし、ほとんどアクセスがない状態ではただの著作権侵害でしかありませんので、動画の削除依頼をされてもおかしくありません。

 

一部の国すべての国でブロックされている状態は、著作権侵害です。コピーしているのであれば即刻自分で削除することをおすすめします。

 

非公開にしてもyoutube上にアップロードしていることには変わりはありませんので、公開であろうが非公開であろうが、著作侵害にあたります。

「3ストライク」の違反警告制度

YouTubeは2019年2月19日に新しいガイドラインを発表しました。

 

1回限りの「警告」を受けます。警告段階では、違反対象のコンテンツは削除されるものの、他のペナルティはありません。

1ストライク:コンテンツの投稿が1週間停止
2ストライク:90日以内に2回目のストライクを受けると、コンテンツ投稿が2週間禁止
3ストライク:チャンネル削除

 

警告から90日が経過すると警告がリセットされます。

 

自作の動画なのに著作権ブロックされた!解除したい!

自作の動画なので著作権侵害じゃない!そんな時…

異議申し立てをすることができます。

youtubeトップ画面の右上のアイコンから「youtube stadio」をクリックして、動画をクリックする。収益化の欄に著作権侵害状況が出ています。

赤枠をクリックすると著作権侵害にあたるコンテンツが出てきます。「異議申し立て」をクリックします。

①「曲または動画のCDやDVDなどを購入して所有している」

②「動画から収益を得ていない」

③「著作権者のクレジットを表示している」

これからのことで異議申し立てを行うことはできません。この条件が理由でないのであれば次に進みます。

 

申し立て理由をクリックします。完全なる自作のコンテンツであれば、「オリジナル コンテンツ」をクリックして、次へ進みます。

完全あるオリジナルのコンテンツは動画の背景や一部分にも他人のコンテンツが含まれていないことを意味します。同意できれば次に進みます。

所有権の証明を詳しく記載し申立人に知らせます。

以上が異議申し立て方法です。結果は数週間後にyoutubeから返答がきます。

 

自作の動画が他人にコピーされている!削除させたい!

法的なリクエスト通知の方法

著作権侵害の通知は著作権者意外がすることは基本的にはできません。第三者がする場合は著作権者に依頼するか、youtube宛てにメールする必要があります。

 

 

youtubeに著作権ブロックされない回避方法

ブロックを回避する方法は、オリジナルのコンテンツを作ることが鉄則です。

これまでも98%のクリエイターは一度もガイドラインを破っていない

youtube

98%が著作権違反の警告を受けていないわけですから、youtubeの動画はほとんどがオリジナル動画であることがわかります。

 

でも実際は、完全なるオリジナルなんて無理って考える人も多いと思います。私もそうでした。

オリジナルのコンテンツには大きく2種類あります。
①顔出しコンテンツ
②顔出しなしコンテンツ

顔出しコンテンツ

企画動画やニュースなどがそれにあります。これはハードルが高いですが信頼性は抜群です。チャンネル登録者数も増えやすい傾向にあります。

 

顔出しなしのコンテンツ

youtuber初心者にはお勧めです。比較的とっかかりやすい印象があります。

ゲーム実況動画が流行っていますよね。これはゲーム自体はオリジナルではありませんが、音声がオリジナルなのでコピー動画とは扱われにくいです。

 

 

 

youtube
スポンサーリンク
スポンサーリンク
moridaiをフォローする
スポンサーリンク
えむ-どぱ

コメント