プロフィール

スポンサーリンク
プロフィール
スポンサーリンク

こんにちは もりだいです。

私は、現在39歳の男です。

北海道生まれ北海道育ち、幼少期はサッカーばかりしていました。

高校時代に父親をがんで亡くし、母親が生活を支えてくれるようになりました。

その後専門学校に通い。無事に社会人となりました。

30歳になるまで一通り遊び。

スポンサーリンク

結婚できた!でもプロポーズはしていない。。。

昔から自分から女性に気持ちを伝えることができないので、「完全にノリで付き合う」とか「酒の勢い」でなんてパターンしか交際に発展するシチュエーションはありません。

 

なので、人生の中で女性に告白をしたことがない訳です。

 

嫁とも酒の勢いをかりて交際に発展しました。

 

当時私は28歳で嫁は29歳でした。もういい歳とはわかっていましたが、自分からプロポーズすることはできませんでした。

 

結婚したくないと言う理由ではないのですが、、、なんとなくどうしたら良いわからず、、、そんな男なわけです。

 

そんなこんなで、交際から1年が経過した日を境に、私への煮え切らない態度への圧力が半端ないです。

 

また、とりあえず指輪でも買っておけば収まるだろうと思い。

 

「今後の東京旅行結婚する時の指輪でも買おっか???」的なことを言ったら

 

「はっ?結婚指輪なら入籍日を指輪に刻印しないとダメなんだよ!」って言われて

 

翌日嫁の実家に挨拶に行って、結婚が決まりました。

 

東京で指輪を購入し、結婚式の挙げることができました。

 

なので、プロポーズは全くしていないのに結婚できました(笑)

 

まったく子供に興味がないし好きじゃなかった私

私自身は結婚する時には子供をほしいとは思っていませんでしたし、昔から子供が嫌いでした。

 

結婚して嫁に子供がほしいと言われて、はじめて自分の子供という存在を意識するようになりました。

 

そして子供が生まれて他人の子供には全く興味がなかったのに、自分の子供は全く違う存在でした。

 

ただただ、かわいい

 

かわいいからもう一人

 

もう一人

 

って言っているうちに3人の父親になり

 

女女男の3児の父です。1歳年上の嫁と私の母と6人で2世帯住宅で生活しています。

先の見えてしまった人生

新卒から働いている会社で、約60名の部下を持つ中小企業の科長職です。

 

新卒から必死に働き、自分の理想とする職場作りを目指し奮闘してきた。自分のやりたいことを実現するためには「えらくならなくてはいけない」と教えられ、超背伸びして家族との時間を潰して仕事してきました。

 

課長職に昇進して、自分の思い描くような職場作りに着手できた。

 

しかし、

 

社長・部長に昇進することは、年功序列であり難しいこと。また、社長の息子が事業承継することもあり、実質的に今のポジションより上がることはできない状況

 

この職場での自分のキャリアはここまで

 

転職も考えたが。。。新しい環境でまた1から時間を費やしてまた会社のために捧げるような時間の使い方は人生にとってプラス?

 

会社員としての自分のこれからの人生が思い描けてしまった。仕事のキャリア・生涯年収・子供の将来かかる学費・老後の生活。。。

 

これからの人生を会社のために捧げ続けて何になる?

 

会社をやめてお金を稼げるか?

 

冷静に考えると会社という仕組みがあるから給与がもらえているし、会社をやめるとただの人でしかなく、お金を生み出す能力もない。

 

誰かの作った組織に属し、誰かに依存しないと生きていけないのが自分の実力であると自覚した。

 

 

 

父親として子供たちにしてあげれること

私にとって大切なものは家族です。父親として

  • 思い出を残す
  • 学歴を残す

これくらいしかできることはないのではないか?と思う。

 

子供たちの学費は相当にかかることがわかりました。

「教育ローンを組めば良いんだよ」って嫁に言われましたが。。。

 

確かに教育ローンを組んだり、最近であれば学生自らが奨学金を借りて、社会人になるとすでに借金地獄生活になるなどと問題にもなっている。

 

しかし、現実はそれほど金がかかるのも事実。

 

金がないと考え続けてもやっぱり金がない

【大学の学費】やりくりは?どうやって払ってる?月々の貯金は?
子供の学費本当に高いですよね。やりくりが相当大変です。実際にどれくらいお金がかかるのでしょうか?どうやってはらっていけば良いのでしょうか?月々どれくらい貯金したら良いのでしょうか?私の家族でシミュレーションしてみました。

お金を増やす方法は。。。方法は3つ

1、誰かが作った稼げる仕組みで自分の時間を使う

サラリーマンがわかりやすい例ですね。私も現在会社員です。

 

社長が作った仕組みの中で自分の時間(就業時間が9:00から17:00)を使ってお給料をもらっています。

 

多く利益をもたらしても、全然赤字でもいつもだいたい同じお給料をもらえるので安定しています。

 

でも、だいたい同じでそれ以上のお給料といっても限度があります。

2.自分で稼げる仕組みを作って他人の時間を使う

社長なんかを想像するとわかると思う

 

お金を払う代わりに、自分ではやりたいが時間が足りないので、やってもらう。

 

いわゆる、使用者と労働者との関係

 

今から起業できるわけもないし、社長になれるわけもないので

 

3、お金にお金を増やしてももらう

株式投資などがこれにあたります。株価が低いうちに買って上がれば売ればその分配当が得られます。

 

自分の時間や他人の時間を使うこともありません。いわゆる不労所得と言っても良いかもしれません。

 

最近は少額から株を購入できるようになっています。

 

自分のメディアを持ち発信する

 

では、どうやって稼げばよいのか????

 

稼げる=人に役にたつこと

 

世の中にはいろんな職業があります。歌を謳うっているだけで稼いでいる人。走っているだけで稼いでいる人。棒を突いて高く飛んで稼いでいる人。

 

いろんな職業があります。なので何でも仕事になるはずです。

 

私は特に趣味もないし、専門的な知識が優れている分野もない。

 

20歳過ぎからずーと同じ仕事しかしていない私は、その分野しか知らず気がつけば自分の興味のあること強みすらわからない。

 

でも、必ず自分での役にたつ仕事をできるはずです。

 

人の役にたつことを目標として情報発信することにしました。

このブログは

私が思っていること

父としての悩みや、楽しみ

中間管理職としての辛さや葛藤

子供たちとのお出かけ

なんでもブログに書いてみます。

プロフィール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
moridaiをフォローする
スポンサーリンク
えむ-どぱ

コメント