働く悩み

【上司の言葉の暴力】パワハラ・モラハラから逃れる5つの対処方法

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している もりだい@moridai1104です
毎日毎日、言葉の暴力やパワハラ・モラハラからどうやって逃れればいいの?

そんな悩みを解決します。

職場の上司で言葉のきつい人いますよね。上司は指導のつもりなのかもしれませんが、指導される側としては言葉の暴力と感じることもありますよね。長時間の指導なんてされたらそれはただの拷問でしかありません!

そんな、言葉の暴力やパワハラ・モラハラから逃れるための解決方法について解説します。

言葉の暴力・パワハラ・モラハラにあたる行為は?

パワハラ・モラハラセリフ一覧

「できるよな!」「できないわけないよな!」
「私がついだ酒が飲めないのか?」
「バカ」
「もっと明るい顔をしろ」
「死ね」
「こんな間違いをするやつは死んでしまえ」
「おまえは給料泥棒だ」
「ボケ」
「君はマグロか」
「殺すぞ」
「お前は幼稚園児か」
「仕事の進め方が本当に下手だ」
「クビだ」
「言うことを聞かないとどうなるかわかるか?」
「君には無理だから」
「この程度もできないのか!」
「ここで成長しないでいつ成長するんだ!」
「おまえに能力がないからだ。期限内になんとかしろ」
「38.5度なら自分で病院いけるやろ」

会社でのモラハラに当たる行為

いわゆる説教部屋での長時間の指導。

閉鎖的環境は支配する側と支配される側にすでに心理的に働きかけられてしまいます。

特に時間が経つにつれて言葉もエスカレートして言葉の暴力や拷問と感じられることも

【体験談】説教長いし、話くどいわ!延々と詰めてくる上司の特徴と対策上司の説教長過ぎ!そんなに詰めなくてもいんじゃない?そんな、コンコンと詰めてくる上司いますよね。毎日毎日よくそんなに説教することがあるな!部下のあらばかり探しているの?そんなに部下を詰めてどうするの?今回は、説教が長く、詰めてばかりいる上司特徴と対策方法について解説していきます。...
ハラスメントの起こりやすい職場状況は?根本原因は意外なところに!職場でのハラスメントってどこでも少なからずありますよね。ハラスメントっていってもめちゃくちゃあって覚えきれないほどです。そんな職場のハラスメントはなぜ起こるのでしょうか?ハラスメントが起こりやすい職場状況や対処方法について解説していきます。...

パワハラと指導の境目

指導 パワハラ
目的 相手の指導を促す 相手をバカにする、排除する

自分の目的の達成

業務上の必要性 仕事上必要性がある

または健全な仕事環境を維持するために必要なこと

業務上の必要性がない

業務上の必要性があっても、不適切な量や内容

態度 肯定的、受容的、見守る、自然体 威圧的、攻撃的、否定的、批判的
タイミング タイムリーにその場で

受け入れ準備ができているときに

過去のことを繰り返す

相手の状況や立場を考えず

誰かの利益 組織・相手双方に利益が得られる 自分の感情が優先
自分の感情 好意・穏やか・きりっとした いらいら・怒り・不安・嫌悪感
結果 部下が責任を持つようになる

職場に活気

部下が萎縮する

職場がギスギス

退職者が殺到

引用;パワー・ハラスメント防止ハンドブック

【上司の言葉の暴力】パワハラ・モラハラから逃れる5つの対処方法

労働基準監督署に相談する

労働基準監督署とは、簡単に説明すると企業の労働環境が問題ないかを取り締まっている機関です。

ただ、労働基準監督署が企業に対して是正勧告はできますが、民事訴訟を起こすことはできません。労働者が泣き寝入りしないために労働関係に対する適切なアドバイスをする機関です。

一人で悩み続けていても仕方がありません。心身の状態を崩す可能性もあります。労働基準監督署に相談してみましょう。

 

弁護士に相談する

パワハラ被害を弁護士に相談すると50〜100万円程度かかります。着手金として8%、報奨金として16%支払わなくてはいけません。

パワハラの慰謝料ほ相場は50〜100万円。弁護士費用の方が多くかかってしまうことも、金銭的にはほとんどメリットがないと考えてよいでしょう。

 

職場の同僚や先輩に相談してみる。

もしかすると自分と同じようなことが他の人にも起こっているかもしれません。

職場の同僚や先輩に相談してみましょう。場合によっては職場全体の問題となり上層部がパワハラ上司のことを成敗してくれることもあります。

そして、他人に自分の気持ちを聞いてもられるだけも少し心が楽になりますよね。

 

 

さっさと退職や転職

いつもでもそんな拷問に耐える必要はありません。さっさと別の職場に転職しましょう。

いまや人材が少ない時代です。

多くの企業が必要としているはずです。もっとましな会社があるかもしれません。

いろいろと調査してみましょう。

会社をいつ辞めても生きていける能力を身につける

パワハラやセクハラはその組織をいつ離れても良いと覚悟がないと、いつまでたってもハラスメントを受け続けることになります。

たとえ、外部機関にハラスメントのことを訴えたとしても慰謝料がもらえるのは年収の数年分です。再度同じ会社に就職できたとしても、居づらく長くは続かないでしょう。別の会社に就職したとしてもその情報はすぐにバレてしまいます。

いつでも自分の要求を言える環境を準備しておく必要があります。

つまり、どのような状況でも必要とされる能力を身につけることです。

そうすれば、ハラスメントに対して真っ向から対抗しようが、訴えようがなにも怖くありません。

 

まとめ

言葉による暴力やハラスメントにあたる行為は、意外と会社は日常的に起こっている印象ではないでしょうか?

対応策としては、第三者機関に相談することや簡単には切られないだけの能力を身に着ける。

それでもダメならさっさと転職しましょう。

【評判】転職エージェントdoda(デゥーダ)の強み・特徴を紹介「dodaで転職したいけど評判は?」「dodaの特徴はどんなところ?」「転職サイトって面倒なんじゃないの?」と不安に思うことありますよね。今回は、dodaの強みを評価し利用した人の評判や特徴、他の転職エージェントとの比較について紹介していきます。...
【やばい終わっている!】入社しないほうがいい会社の見分け方・特徴これから大学卒業も決まり就職活動。はたまた、第二新人として転職活動中なんて人いると思います。誰もがやばい・終わっているような会社に入社しないことを望んでいますよね。今回は、やばい!終わっている会社の特徴と入社しない方がいい会社を見分けるポイントについて解説していきます。...

 

ABOUT ME
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→北海道でストレスなく生きています。 楽しく働き・自由に生きるをもっとうに、仕事辞めたい・行きたくない・できない人へのヒントを配信。