無責任な上司が部下を潰す!上司に言われて傷ついた言葉ランキング

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク

こんにちは もりだい@moridai1104です

令和の時代の会社組織はどういったものになるのでしょうか?

ひと昔前はパワハラ上司なんて言葉が横行していましたが、最近は少し落ち着いてきたのでしょうか?

でも、まだまだひどい上司がいるようですよ。皆さんも一度は体験があるかもしれませんが、上司からひどい言葉を言われた経験ってありますよね。

そんなこと言わないなくても、そこまで言わなくてもって思うことがあったと思います。

だいたい、ひどいことを言う上司は無責任な人が多いです。

そんな無責任な上司に言われて傷ついた言葉をランキングにしてみました。

スポンサーリンク

第5位 お前の代わりはたくさんいる

自分の価値が無いように感じてしまいますね。自分が居なくても会社が回っていく。とてつもなく切なく感じます。

冷静に考えると、組織において替えの効かない存在はダメです。

その人が居ないと仕事が成立しないようでは、会社として成立しません。

お前の代わりは沢山居るって当たり前のことで。

それは、言っている本人にも言えることです。

第4位 君には無理だよ

いくら努力しても自分には無理と感じますね。

もうすでに向いていないと結論付けられているような。

でも結局そういうことを言う人は、人のせいにばかりするような人で、出来なかった理由はいつも他人や環境が悪いと言います。

そんな言葉を言う人は成功出来なかった人です。

できない人をできない人で周りを固めたいようです。できない人を仲間にしたいのです。

 

第3位 もう辞めたら

ひどい言葉ですね。もうその組織に必要とされていない、自分の居場所はないと言われているようです。

辞めたくても辞めれない人はなおさらきつい言葉です。

この人手不足の世の中で雇用される側が大事にされないのなら、さっさと職を変えるのも方法ですね。いくらでも仕事はある訳ですから。

いつもまでもその会社に勤めている必要はありません。替えがいくらでもあるというのなら

替えの会社もいくらでもあります。

第2位 生きてる意味あるの?

完全なる人格否定です。

人はなんのために生きているのですか?その答えは多くの人が即答できるわけがありませんね。

そんな哲学的な問を言ってくる輩は、まず仕事ができないでしょうし、そんな奴の言葉を失い聞く必要もありません。

そもそも、生きている意味とは少なからず仕事のためだけではありませんから。

第1位 常識だよね?

常識になんて人によって基準が違う。いつも自分基準でしか物事を考えられない器の小さい人です。

もしあなたがまだまだ新人であったら、奴らが言っている常識を教えてくれたのでしょうか?

教えてもくれていない常識を「常識だよね!」って言われてもわかる訳がないです。

まとめ

心無い上司はまだまだ居ます。

人材不足の日本において無責任でひどいことを言ってくる上司のもとにいつまでもしがみつく必要はありません。最悪さっさと辞めてしまえばよいのです。

そんな上司の言葉にいちいち反応してはいけません。

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
moridaiをフォローする
スポンサーリンク
えむ-どぱ

コメント