子育て

子供と遊ばないパパは要注意!父親の育児放棄が与える子供への影響

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している もりだい@moridai1104です

最近は父親の育児参加も増えてきていると言われて、6歳以下の子供をもつ父親の1週間に育児にかける時間は年々増加傾向にあるようです。

 

父親は外で働き、母親は家庭を守るなどと昔はいいましたが全く古い考えですね。

 

でも、まだまだ少ない印象ですよね。

 

「仕事が忙しくて子供と遊ぶ時間なんてないよ!」なんて言っているパパが多いのが現状ではないでしょうか?

 

子供と遊んであげたりふれあいの時間が少ないと子供に影響することを知っていますか?

 

今回は、父親が子供と遊ばない理由と子供と遊ばない父親が子供に与える影響について解説していきます。

 

父親が子供と遊ばない理由

父親が子供の面倒を見ない理由は

「仕事が忙しく子供と遊ぶ時間がない」が理由の第1位です。

それは、父親自身の問題だけでなく周囲を取り巻く環境も問題でしょう。

 

父親の育児時間と関係する要因として
1.父親の労働時間
2.母親が就労していない
3.職場環境
4.経済状況

1.労働時間が長すぎる

当たり前ではありますが、職場での拘束時間が長いとそれだけ家庭にいる時間が少なくなります。

勤務時間が短い父親は平日休日ともに育児に参加できる時間が多くなります。

日本人男性の労働時間はフルタイム労働では世界トップクラスに労働時間が長いんです。

 

引用:働き方の変化と経済・国民生活への影響

 

覚醒時間のほとんどが労働時間に費やされるのですから、家事にかける時間がなくなることも無理はないですよね。20代から50代までは家事にかける時間がほとんどありません。

 

 

2.古くからの言い伝え

古くからの言い伝えて「女性は家庭を守るもの」と言われてきた。

引用:厚生労働省「厚生労働白書」、内閣府「男女共同参画白書」、総務省「労働力調査特別調査」、総務省「労働力調査(詳細集計)」

 

1995年頃から専業主婦の割合と共働きの割合が逆転していますね。日本では「女性は家庭にいるもの」という風習がありました。

 

ですから、「女性が家庭を守り」「男性は外に稼ぎに行く」そんな認識があったのも事実でしょう。

 

近年は、女性が働きに出ることが多くなっているますね。

ママも働いているし俺も少しは育児するか!

 

母親がフルタイムや正社員で働いている家庭の父親は、育児への参加が増えるようです。徐々に男性の育児への参加が増えている傾向にはあるようです。

3.日本は男性が育児をする環境に無かった

男性の育休取得率は2018年で5.14%です。

厚生労働省雇用環境・均等局職業生活両立課「男性の育児休業取得促進事業(イクメンプロジェクト)」の取組について

 

育休を取得できなかって原因は、「育休制度が整備されていなかった。」「人手不足で育休を取れる環境に無かった」「育休を取れる雰囲気ではない」などの理由でした。

 

 

法的に整備はされてはいるものの、人手不足や取得を促す企業側の問題があることが理解できますね。また、男性の育休取得率は諸外国と比べるとまだまだ低い数字です。まだまだ、男性の育休取得が一般化するには時間がかかるでしょうね。

 

4.家庭の経済状況

子供のいる世帯の年収は、全世帯と比較してもより多くの年収が必要となります。

グラフでみる 世帯の状況

子供を育てるために、多くのお金が必要ですからもちろん働かないといけなくなります。ですから、共働き世帯も増えてきます。しかし、夫婦で仕事をしていると子供に掛けられ時間も相対的に少なくなります。

 

でも実際は女性が育児・家事の中心に担っているわけですから、負担が増えるのが当然でしょう。

 

男性が育児に参加したくても、「経済的な理由」と「会社の風紀・制度の問題」そう簡単にはいきませんね。国が経済的に援助をしたり、会社が男性の育児休暇を促す制度を充実させることも必要でしょうね。

 

 

Kindle Unlimitedなら好きな端末で200万冊読み放題。今なら30日間の無料体験 この本1冊無料で読めます。

 

>>無料で『夫婦円満になるパパ育児: 子育てを通じて家庭円満と最高の夫婦仲を手に入れる方法』を読む

子供と遊ばない父親が与える子供への影響

身体活動量への影響

平日は子と父親との身体活動量には関係がないが、休日になると関係が認められるようです。

休日は子供と遊ぶことで子供の身体活動量が増えるので、休日は一緒に過ごして遊んであげることが子供の体力向上につながる可能性があるいう研究報告もあります。

 

父親像の構築

子供は父親の姿を見て、父親の存在を構築していきます。

 

父親とはなんだ?どういった場面でどんな行動をしてくれるのか?子供は自分への関わり方を感じ取って、父親像を作り上げていきます。

 

父親とは、「仕事をいっぱいしてお金を稼いでくる存在」だけなく、「家族との時間を大切にしている」「休日には家事をするのは当然」など印象が子供の父親像を構築し、自分の子供への接しかたが出来上がります。

 

あなたの子供が親になるときには、父親が育児や家事に参加するのが当たり前の時代になってるかもしれません。そのときに今の父親の関わり方が記憶されています。

 

父親を子供と遊ばせる方法

夫婦で子供の育児について話し合う

夫婦で子供の育児や家事のことについて話し合ってみましょう。父親の育児参加への重要性を子供への影響について理解が少ないこともあります。

 

「休みなのに、、、」「ママが見ればいいじゃん」「疲れているから」

 

どうしても、男性からすると育児や家事への参加はデメリットな印象しかありません。

 

仕事が忙しいことも十分理解している。だけど、父親の育児参加と家事への協力がもたらすメリットについて話すことが良いでしょう。

 

子供と向き合わない父親!家族や子供に無関心な夫の原因と対処方法全く家族や子供に関心がない父親っていますよね。仕事から家に帰ってきてもほとんど無口でコミュニケーションをとろうとしない。子供に全く関心がないのは無責任すぎると思います。全く子供に無関心な父親の原因と対処方法について解説していきます?...

 

物理的に時間を作り、徐々に子供との時間を設ける

父親が家事や育児にいきなり参加することが難しければ、ママと一緒に参加するようにするのはどうでしょうか?

 

例えば、母親の家事の時間が減り育児に使える時間が増える。その時間を父親を共有する。そして徐々に父親が子供と接する時間を増やしていく方法です。

 

それには、母親の家事の時短が必要になります。ロボット掃除機や自動食洗機などで時短することもできますが、もっと時短するには、家事代行サービスはどうでしょうか?

 

有名な家事代行サービスは「ダスキンの家事代行サービス」です。

家事全般を代行してくれますので、子供との時間を作れますしとても便利なサービスだと思います。

 

会社をかえるのもあり

旦那さんと話し合って、育児に協力的な会社へ転職するのはどうでしょうか?

 

子供との時間は人生において重要な要素です。それはお金には変えることのできないものですし、死ぬときに後悔したことの上位が「家族との時間をもっと過ごせばよかった」です。

 

会社でクタクタになるまで働き、休日も仕事のことで頭がいっぱい。そんな仕事に洗脳されている状態で、子供との時間を作れるはずがありません。

 

子供との時間を作れる環境を整えつつ、仕事に専念する考え方もあると思います。

 

今すぐに転職するとはならないと思います。でも、育児休暇や育児に協力的に会社があることも事実です。そのような会社があるのだと「知っておく」のと「知らない」のでは全く話しが変わってきますよね。

 

自分の希望する会社の情報だけでも入手することがとても大切なことです。今すぐに転職しなくても、希望の求人情報だけはメールで知らせてくれます。登録は5分程度です。もちろん無料です。

 

 

 

まとめ:父親の育児参加を早いうちにするべき

育児をしない理由「仕事が忙しく子供と遊ぶ時間がない」が第1位です。職場の環境や古くからの父親とは、、、の言い伝えが影響しているのでしょう。

 

そして、父親がが育児に費やす時間が取れない理由は、会社環境も問題です。育児に理解がない。育児休暇の制度がないなどの理由があることが理解できましたね。

 

これは日本がいくらが法的に整備をしても会社側が意識的すすめないと難しいでしょうし、経営スタイルにも影響していくことなので、そう簡単には変わらない可能性があります。

 

父親の育児放棄で子供への影響は、体力の低下や父親像の欠落などがあります。もちろん、その影響は子供の子供への伝搬することがあります。ですから、早いうちに父親の家事・育児への参加を子供へ認識してもらう必要があるます。

 

家事代行サービス」を利用したりして、家事全般の時間を検討することも良いでしょう。

 

そして、育児休暇や育児に協力的に会社があることも事実です。今の会社と比較することや理想の会社を家族の中で共有しておくことも大切だと思います。

 

Kindle Unlimitedなら好きな端末で200万冊読み放題。今なら30日間の無料体験 この本1冊無料で読めます。

>>無料で『パパ1年生』を読む

 

ABOUT ME
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→北海道でストレスなく生きています。 楽しく働き・自由に生きるをもっとうに、仕事辞めたい・行きたくない・できない人へのヒントを配信。