働く悩み

【会社辞めさせる手口!】問題社員を自主退職に追い込む正しい方法

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している もりだい@moridai1104です

まったく言うことを聞かない社員!!!どうやって指導しても改善しないじゃん!

もう職場の雰囲気を悪くするだけなので来なくていいよ!って言ってもなかなか辞めてくれないし、どうやったら後腐れなく辞めてくれるのだろうか?

職員の退職勧奨をするのは職場管理者にとっては相当ストレスになることですよね。

どうにか、自主退職してくれる方法がないのかと考えてしまいますね。

問題のある社員を自主退職に追い込む正しい方法を紹介します。

会社を辞めさせる手口

解雇

解雇と退職勧奨は別です。解雇は「くび」になりますので、法的にはハードルが相当上がります。

会社側が一方的に労働者を地位を奪うことになるのでそれ相応の厳格な理由が必要になります。

 

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

労働契約法第16条

ここでポイントなのが、「合理的な理由」と「社会通念上相当」という言葉です。

「社長が生理的に受け付けないので解雇!」とか「たった1回寝坊をしたので解雇!」合理的な理由と社会通念上相当とは客観的に見ても思いませんよね。

 

なので不当解雇となることがあります。

 

企業側は解雇するのに法的にいろいろ難しく、不当解雇だと訴えられるリスクもありますので避けたいはずです。

退職勧奨

退職勧奨とは、会社が従業員を退職させるために退職を勧めてくること。 最終的に会社をやめるかどうかの判断は、労働者が判断する。 退職勧奨には直接誘導型と間接誘導型があります。

直接誘導型は

キミの勤務態度は相当悪い。周りのスタッフへも影響して風紀を乱している。君の次の就職先のことも考えると悪い噂や経歴に傷がつくのは良くないと思う。だから、退職してもらえないだろうか?
急にそんなこと言われても…
キミのことを思ってのことだよ!

 

間接誘導型は

「追い出し部屋」と言われる。部署への配置転換。全く仕事が存在しない部署へ配置される。仕事もないのでやることがないわけで結果的には自主退職する流れに

 

今の時代このようなやり方は退職を強要されたとかパワハラになりますので、ここまで露骨なやり方はできないでしょう。

 

退職勧奨はお互いの合意も基に行われるので、双方ともに問題点と改善せざる負えない部分が共有できていなくてはいけません。

 

会社側は再三の指導をすると言った部分が重要で、労働者側も問題点に対して理解していることが大切です。

問題社員を自主退職に追い込む正しい方法

問題のある社員の「問題」を明確に

なにをもって問題があるのかをまずは明確にしておく必要があります。

 

自主退職に追い込むには、事前の準備が必要です。

 

問題点が仕事の出来なのか?仕事に対する姿勢なのか?人間関係なのか?

 

まずは、問題点の整理から行います

 

問題点にマッチしたタスクを与える

退職勧奨や自主退職に追い込みにも、タスクをこなす能力がないことを証明し、注意する必要があります。

 

面談時に問題点にマッチしたタスクを与えましょう

ただし、あまりにも元の仕事内容と外れていたり、常識外れのタスクはパワハラになりますので注意。

 

面談で大切なのは本人に問題点を自覚してもらうことです

再三の注意と指導

1回キリの注意で退職勧奨や自主退職を促すようなことはダメです。ここで、注意が必要なのが再三の注意をしても改善が見られない点です。

 

再三の注意をしている記録が必要になります。そのためにも面談でタスクを与え、評価し注意・指導している記録が必要になります。

 

普段から細やかに指導して「辞めさせられるかも…と」思わせることも必要かもしれません。

 

本人も問題点を改善できず納得して退職せざる終えないと理解してもらう。

 

番外編:めんどうなので自分が転職や退職を考える

どうにもならない社員を円満に退職させることに時間を使うのは無駄です。それよりも自分のキャリアアップに時間を使いませんか?

退職するのだって面倒な手続きを代行してくれるサービスもあります。転職や退職を考えることも精神衛生上悪くはない選択だと思います。

 

転職に不安!「doda」なら1人で不安でもサポート万全

料金は? 無料で転職サポート
何もかもわからない! 1人での転職活動が不安でもサポート体制が万全で、面接日程の調整など内定までをトータルサポート
履歴書とかうまく書けない! 人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くための秘訣をアドバイス
面接大丈夫だろうか? 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフがアドバイス

日本最大級の求人数を掲載。職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用可能。

「なんせ転職自体がはじめて」「周りにも転職経験者いない」「転職が不安!でも転職したい!」そんな人には、dodaがオススメです。

専門スタッフが企業へのエントリー→選考結果のお知らせ→面接日程の調整→内定までをトータルサポート。必要に応じてキャリアカウンセリングも可能

 

 

退職代行してもらうなら「退職代行ガーディアン」がベスト!

料金 29,800円
違法性なく退職できる? 東京都労働委員会に認証された法適合の合同労働組合なので違法性なく安心
手続き面倒? Line・電話で申し込み。入金確認後退職サポート
社長とか上司に会いたくない! 退職日・有給消化・残業代の請求・退職金の請求・引継ぎの交渉なども代行
本当に退職できる? 数々の事例を対応したが、退職できなかったケースは1度もない

退職代行サービスは、数多くありますが悪徳の所もあるんです。退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会に認証されていますので間違いなく安心です。

料金は29,800円ですから業界の中でも安いです。交渉回数が多くなったとしても追加料金が発生することはありません。

申し込みはLineか電話で可能なので手軽にできます。もう二度と会いたくない社長や上司への交渉も代行してくれますので心強いですよね。

法適合の労働組合で、手軽さとリスクなく確実な「退職代行ガーディアン」がベストです。

 

転職失敗してどん底を経験しないためのおすすめ転職エージェント!第二新卒でも安心して相談できるサイトを紹介転職を失敗して人生どん底で終わったって人結構いると思います。 希望をもってさー新しい職場で心機一転と行きたいところでしょうが、そうそう簡単にはいかないのが現状でしょう。まずは、離職や転職について最低限の知識が必要ですね。今回は、離職の現状と離職率が高い職種や転職の年代別の転職理由などについてまとめました。...
ABOUT ME
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→北海道でストレスなく生きています。 楽しく働き・自由に生きるをもっとうに、仕事辞めたい・行きたくない・できない人へのヒントを配信。