働く悩み

会社で「仕事できない」レッテル貼られた【挽回には、まず犯人探し】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業に転職して、北海道でサラリーマンしながら副業でゆるりと生きている@もりだいです。

会社でいくら必死にやっても過去の仕事の出来とかで、「あいつは仕事が出来ない」そんな、レッテルを貼られたけど、いつか挽回したい!そんな人居ませんか?

 

この記事でわかること

レッテルを貼られる原因は?

レッテルを挽回する方法

 

 

今回は、仕事出来ないレッテルを貼られた人が挽回する方法について解説します。

 

 

レッテルを貼られる原因は?

何が原因でレッテルが貼られているのか?を分析しないと話が始まりません。自分に原因があるのか?はたまた、環境に原因があるのか?

 

自分自身に原因がある場合は、自分の態度なのか?仕事の結果なのか?

まずはそこから分析していきましょう。

 

自分自身にある場合

自分の態度や接遇になることがわかれば、改善することはできます。

 

でも態度や接遇は自分が意識していないでやっていることがあります。気がつくことができれば改善できますが、往々にして気がつかないことが多いです。

 

一度、自分の態度や接遇をビデオで撮ってみて客観的に見てみることも良いでしょう。そうすると改善するポイントがみえるでしょう。

 

 

仕事の結果であるならば、仕方のない事実です。特に過去の大きな失敗があったりするならば、それはもう変わらない過去です。まずは過去の失敗はどうしようも無いと考えましょう。

 

 

環境にある場合

人間関係

上司との関係性が問題になることが多いと思います。

 

上司に上申したつもりが歯向かったと思われたり、自分の意見を言っただけなのに、生意気だと思われてレッテルを貼られる原因になっていることもあります。

 

 

職場風土

職場の雰囲気で誰かを吊し上げておくような雰囲気はありませんか?

 

できない奴を組織で作り上げる、みんなでいじめ、あざ笑うことで自分の優位性を保つそんなやり口の職場もあります。

レッテルを貼ったのは誰だ?

自分自身と環境を分析した後に、誰が自分にレッテルを貼った張本人なのかを突き止めましょう。そいつが本丸です。

 

 

レッテルを貼った奴とどうのように関わることが今後有利に働くのか?レッテルを挽回するには、貼った奴を見返す方がいいのか?冷静に考えましょう。レッテルを貼った奴に認められることが全てではありません。

 

 

 

レッテルを挽回する方法

組織の勢力図を意識する

レッテルを貼った奴が必ずしも、今後主要勢力の要になるとは限りません。

 

最も大切なことは、今後力を持つであろう人に気に入られたり、認められることです。

 

 

今後の勢力図をイメージして誰に認められることが、有利に働くのかを考えましょう。それが自分の意志や志に反していても、まずは認められることを優先してください。

 

 

自分の長所を伸ばす

自分の短所を改善して、周囲の評価を挽回しようとしても難しいです。

 

短所を良くするよりも長所を伸ばした方が圧倒的に改善しやすいからです。

 

 

自分の長所が「評価されるべき人」や「会社」にとってどのようにメリットになるのか?そこを考えて全面的に押し出していきましょう。

 

 

短所に目が行かない工夫をする

短所が目に付きやすい状況にあるかもしれません。自分の短所が目立ちやすい仕事内容だったりしませんか?

 

短所を改善することは難しいことですし、自分自身で修正するのではなく、他者からの指導を必要とする場合が多いです。

 

例えば、我が強い、自己主張が強すぎる、独断的などが原因であいつは周囲の状況を、読めていない、空気を読めない。などとレッテルを貼られる。

逆に優柔不断、決断力がない、流されやすいなどが原因で仕事が出来ないとレッテルを貼られることがあります。

 

 

短所と長所は表裏一体です。短所も見方によっては長所です。

 

 

自分の短所が際立って目につく環境にあるなら、配置転換を希望することも良いでしょう。ダメなら、短所を消すくらいの長所をアピールしていきましょう。

 

 

あらゆることをやってもダメなら辞めよう

色々やってみてもレッテルを挽回出来なかったら、その職場から離れましょう。仕事が出来ないレッテルを剥がし、印象を挽回するのは難しいでしょう。

 

だったら、ゼロから始めた方が早いです。過去は消せないのでどうすることも出来ません。いつまでも、消えない過去に囚われて生きることは辛いです。

 

 

あなた自身は過去を取り返そうとしても、周りが過去へ引き戻そうとするのですから、自分ではどうすることも出来ません。新たな職場でゼロから始めることをオススメします。

 

 

まとめ

会社で仕事が出来ないレッテルを貼られて、挽回出来ない人はレッテルを貼られている原因を分析しましょう。

自分自身に問題があるのか?それとも環境にあるのか?

自分にあり、短所を指摘されているのであれば、短所を目立たないようにする工夫をしてみましょう。

ここで注意したいのが短所を改善するわけではないことです。短所を改善するには、時間がかかりますし、ストレスもかかります。

 

なので、短所を目立たないようにすることです。それよりも、長所伸ばす方が圧倒的に楽ですし、時間も早いです。

 

いろいろやってダメなら仕事を辞めてましょう。過去の仕事の出来に延々と捕らわれている職場の人と付き合っていくことは時間の無駄です。

 

会社で仕事ができないレッテルを貼られた時の挽回方法をぜひ試してください。

 

【評判】転職エージェントdoda(デゥーダ)の強み・特徴を紹介「dodaで転職したいけど評判は?」「dodaの特徴はどんなところ?」「転職サイトって面倒なんじゃないの?」と不安に思うことありますよね。今回は、dodaの強みを評価し利用した人の評判や特徴、他の転職エージェントとの比較について紹介していきます。...
ABOUT ME
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→北海道でストレスなく生きています。 楽しく働き・自由に生きるをもっとうに、仕事辞めたい・行きたくない・できない人へのヒントを配信。