ブログ運営

wordpress cocoon 導入後入れるべきプラグイン

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している もりだい@moridai1104です
cocoonをインストールしたけど、プラグインは何を入れたらいいの?

そんな悩みを解決していきます。

いっぱいあるプラグインの中でも、どのプラグインをインストールしたら良いのか?わからないですよね。

私もはじめての頃は片っ端から良いと言われている、プラグインをインストールして後で大変な目に合いました。

wordpressとテーマとの相性もある様です。

今回は、wordpress cocoonのはじめにインストールしたほうが良いプラグインとインストールしない方が良いプラグインを紹介します。

cocoonにインストールした方が良いプラグイン

Akismet anti-spam

迷惑コメントにスパム(受診者のいに反して大量にばらまかれるメッセージ)やトラックバックが送られてきます。自動でコメントをスパムかそうでないものかに振り分けてくれるプラグインです。

Jetpack by WordPress.com

アクセス解析やお問い合わせフォームなどブログ運用上外れないツールがパッケージ化されてあります。SNS自動共有機能も大変便利です。

 

Contact form7

wordpressのお問い合わせフォームといえばこれ!

 

Google XML Sitemaps

サイトマップを自動で作成してくれます。記事更新のたびにサイトマップを作成するのは大変手間です。このプラグインを入れると自動的にサイトマップを作成してくれ、検索エンジンに認識してほしいページをお知らせしてくれます。

 

 

Wordfence Security

初心者はとりあえず入れるべきセキュリティー関連のプラグイン。

 

WP Multibyte Patch

wordpressはもともとアメリカが発祥ですので、英語で基本的には文字認識されます。日本語だと文字化けの問題が常にあるわけですが、WP Multibyte Patchを導入すると文字化けも問題が解決されます。

 

WebSub/PubSubHubbub

書いたばかりの記事をgoogleにすぐに知らせてくれます。

WP Fastest Cache

キャッシングを高速化してくれるプラグイン

 

W3 Total Cache

ブログの表示速度を速くしてくれるプラグイン

 

SNS Count Cache

記事ごとにSNSのシェア数を知らせてくれるプラグイン。

 

Broken Link Checker

記事に貼ったリンクが切れていたら知らせてくれるプラグイン

cocoonにインストールしない方が良いプラグイン

all in one SEO

とても素晴らしいプラグインですが、cocoonに限ってはその機能がすでに備わっているのと、長い目で見るとスピードが遅くなる原因となります。

「停止」や「削除」するとサイトマップを書き直す必要があるなど大変面倒です。

cocoonのプラグインのインストールと設定方法

ダッシュボードから「プラグイン」➡「新規追加」

プラグインの検察窓に欲しいプラグイン名を入力

プラグインが表示されたら、「今すぐインストール」を選択

「有効化」を選択

これでプラグインのインストールと有効化は完了です。

まとめ

数無数にあるプラグインから厳選したプラグインの紹介でした。

最低限入れておいた方がよいプラグインを紹介しました。

他にもいろいろと素晴らしいプラグインがありますので、自身で試してみることをオススメします。

ABOUT ME
えむどぱ
えむどぱ
100人の部下を抱える管理職をして10年。3人の子供の教育費に日々悩まされ、副業に取り組んでいます。副業はFXとブログ運営。副業の結果を日々記録していきます。 自身の体験をもとに会社組織での立ち振る舞いや副業での実績を公開!副業・資産運用、仕事・キャリア論などについて発信していきます。