むかつく生意気な後輩や部下は潰すべきか?正しい接し方と対処法

仕事
スポンサーリンク

こんにちは もりだい@moridai1104です。

クソ生意気でむかつく後輩や部下っていますよね。

昔なら力や権力で潰してきましたが、この御時世はそうもいかないですね。

パワハラ、モラハラなどすぐに言われてしまいます。

「お疲れさん会と称して部下に仕事のダメだしするなんて最低」とか言われるけど飲み会以外にどうやってコミュニケーションとれば良いのよ!

では、どのようにして生意気な後輩や部下をコントロールしていけばよいのでしょうか?

正しい接し方と対処方法について調べました。

スポンサーリンク

言い分をしっかりと聞く

「むかつく・生意気」は本人の性格や生まれ育った環境の要因もあるとは思いますが、

言うことや指示に従わないにも理由があるはずです。

例えば、経験がないだけに頭でっかちになり正論を言っているが、周りの賛同や評価を得る事ができず、へそを曲げてしまい言うことを聞かないなんてことありますよね。

後輩のくせになんてすぐに良い意見も先輩や上司に捻り潰されてしまいます。

頭ごなしに出る杭を引っこ抜いてへし折るようなことはせず、じっくりと話し合いましょう。

後輩や部下がなぜそのような行動や言動に出ているのかを十分に観察し考えてあげてください。

しっかりと後輩や部下の言い分を聞くことも大切です。

仕事を任せ上の大変さを理解させる

経験のない仕事をどんどん任せて失敗させるのも方法の一つです。

よく社長のカバン持ちは大変勉強になるといいますが、それは社長の仕事を間近で経験できることにあると思います。

例えば、新規プロジェクトのリーダーやチーム責任者などは良いかもしれません。

失敗を責めるのではなく、そっとサポートする姿勢で支えてあげ成長へとつなげてあげる。その経験が上の大変さの理解へとつながるきっかけにもなります。

全く経験したことのない仕事を任せてやってもらうことも部下の成長につながります。

現場での能力だけが全てではないことを説明

先輩なだけで知識や技術があるとは限りません。それは上司や管理者も同様です。

現場の技術や能力と管理能力は別物です。

得てして経験の浅い職員はそれをわからずに先輩や上司が絶対的に能力、知識があるはずという思い込んでいる人がいます。

生意気な後輩や部下はそれを鼻にかけてくる奴がいますが、それは管理などの仕事をしたことがないのでそれもそのはず、仕方がありません。

現場での能力だけが全てではないことを説明してあげましょう。

日頃から指摘する態度を見せる

後輩や部下は先輩や上司の日常の言動をよく観察しているものです。日頃から些細なことも「今回は見逃そう」とか「大目に見よう」などと甘い部分ばかり見せていると、後輩や部下は「これはアリなんだ!」「この程度は許されるんだ!」と感じ始めます。

そのうちに「この人は指摘できない甘い人だ!」と思われたら最後です。

日常からうるさいぐらいに指摘する存在になっておくのも悪くないです。

全く相手にしない

仕事が出来ない上に言うことを聞かず、生意気な態度ばかりとるようなやつは、機嫌をとるような接し方をしても逆効果です。

しばらく相手にしない方が良いことも

配置転換や退職勧告も検討

再三の指導でも関わらず、業務に支障をきたすほど、先輩、上司に対して敵意むき出し、

稚拙で幼稚な言動ばかりで職場の雰囲気を乱すなんてことになれば、

配置転換や退職勧告も場合によっては必要。

 

まとめ

  • しっかりと言い分を聞いてあげる
  • 現場での能力が全てではないことを説明
  • 日常から指摘する存在であることをアピール
  • 仕事が出来ない上に言うことを聞かず、生意気な態度ばかりとるようなやつはしばらく相手にしない
  • 配置転換や退職勧告も場合によっては必要

 

人はみんな自分の居場所があることに安心感が得られます。

求められることに対する喜びを感じられる組織作りが大切になります。

組織の中で後輩や部下がどのようなポジションにいて、役割は何なのかを見てあげるのが大切です。

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
moridaiをフォローする
スポンサーリンク
えむ-どぱ

コメント