働く悩み

【評判】転職エージェントdoda(デゥーダ)の強み・特徴を紹介

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業に転職して、北海道でサラリーマンしながら副業でゆるりと生きている@えむどぱです。

「dodaで転職したいけど評判は?」「dodaの特徴はどんなところ?」「転職サイトって面倒なんじゃないの?」と不安に思うことありますよね。

結論から申し上げると、dodaは広告掲載数は多く、満足度も高いサービスを提供されています。初めて転職活動をする人にとって非常に心強い味方です。

今回は、dodaの特徴と強みを評価し利用した人の評判や他の転職エージェントとの比較について紹介していきます。

この記事でわかること

転職エージェントdoda(デゥーダ)の特徴

転職エージェントdoda(デゥーダ)の強み

転職エージェントdoda(デゥーダ)の評判

dodaで転職してみようと思う人は、ぜひこの記事を参考に決めてみてください。
\ 3分以内で登録無料/

doda(デゥーダ)とは?

doda」はパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。求人数はトップクラスで顧客満足も高い、国内大手の転職エージェントになります。転職活動をするならdodaはまず登録しておくことをオススメします。

doda(デゥーダ)会社概要

運営会社 パーソルキャリア株式会社
料金 無料
公開求人数 約79,000件
非公開求人 あり
電話対応 あり
対応エリア 全国+海外
カスタマーサポート 平日・土祝日ともに10:00〜18:00

\ 3分以内で登録無料/

 

doda転職エージェントとdoda転職サイトの違いは?

転職エージェントは専任の担当者がつきますが、転職サイトはつきません。

転職エージェントと転職サイトの特徴を以下にまとめました。

それぞれ良い部分もあれば、そうでも無い部分もあります。

dodaは転職エージェントと転職サイトの両方の機能をもっています。

詳しい仕組みなどは「転職エージェントdoda(デゥーダ)5つの特徴と強み」の項目で解説していきます。

転職エージェントと転職サイトどっちがいいの?

結論から言いますと、転職エージェントと転職サイトどちらにも登録して、転職サイトから企業に入社する人が多いです。

Q.転職する時に登録したサービスは?

調査方法概要/1年以内に転職経験のある全国の男女20~39歳を対象にインターネット調査、回答数200 調査期間/2017年7月21日~24日

マイナビ調査

「転職サイトと転職エージェント、どちらも登録した」で29%でした。「転職エージェントのみ登録した」が26%、「転職サイトのみ登録した」が24%

転職エージェントと転職サイトのどちらのサービスから応募した企業に入社した?

調査方法概要/1年以内に転職経験のある全国の男女20~39歳を対象にインターネット調査、回答数200 調査期間/2017年7月21日~24日

マイナビ調査

「転職サイトから応募した企業に入社した」が49%、「転職エージェントから応募した企業に入社した」が27%、「どちらも使わなかった」が24%

 

転職エージェントdoda(デゥーダ)5つの特徴と強み

顧客満足度が高い

オリコンが過去5年以内に転職サイトを利用して正社員として就職した人4,891人を対象とした満足度調査を見ていきましょう。転職大手3社を抜粋してまとめました。

※オリコン顧客満足度ランキング調べ

dodaは転職大手企業3社の満足度調査では総合ランキング1位です。特に20代30代の満足度が高いことがわかりますね。

就職して10年未満の方はdodaから転職に適しているでしょう。

 

広告掲載数が多い

転職エージェント大手3社の掲載数を比較をみてみましょう。

公開求人 137,000件 79,000件 20,000件
非公開求人 155,000件 58,000件 21,000件
合計 292,000件 137,000件 41,000件

求人数だけをみると業界大手のリクルートが圧倒的に多いことがわかりますね。dodaは掲載数業界2番手です。

中にはブラックな企業も多く含まれていることもありますので、数があれば良いわけではありません。

転職エージェントと転職サイトの両取り

転職エージェントの仕組み

なぜ、利用者が無料なのか?そんな疑問があるかと思いますよね。この方法は企業がエージェント依頼を出して採用者を決める方法です。採用者の年収の30%が報酬として支払われます。

転職サイトとは違い、自分で求人を探すわけではありません。担当のエージェントからあなたの「強み」や「特性」などを客観的に判断してくれます。

求人広告には載っていない企業の詳細な情報を担当者が伝えてくれます。また、企業側のとの条件交渉まで行ってくれます。

一般公開されていない非公開求人を紹介されることもあります。

その他にも、履歴書の書き方や面談対策などもアドバイスもくれますので、転職経験がない人には大変助かりますね。

転職サイトの仕組み

企業側が先にお金を払って求人広告を出す方法です。応募があった中から採用者を決めます。

転職サイトは、自分自身で転職活動をできるところにあります。都合の良い日に求人の応募や面接の日程を調節できます。

求人広告に掲載されている給仕へが何社でも応募できます。

 

転職サイトは、WEBサイトから登録して多くの求人に応募することができます。なので、「自分の判断で応募することができます。」

転職エージェントは、エージェント(担当者)がついて面談してあなたにあった案件を紹介してくれます。一般的には「経験者募集案件が多いとされています。

dodaは転職エージェントと転職サイトの両方の機能を持つことが特徴になります。

充実したサポート

親身になって相談に乗ってくれる

担当者の面談や打ち合わせがありますが、真剣に望んだほうが良いです。

理由はその担当者があなたに見合った求人や新しい職場を提案してくれますし、企業へあなたの経験や長所なんかを押してくれるからです。

実は、「dodaの担当者はあくまでも担当者なんで!」そんな気持ちの人は、面談で終始職場の愚痴や給与面ばかりの不平不満を話しで終わってしまう人がいます。

それでは、貴方のキャリアに対する思いや仕事への気持ちをエージェントが把握できません。つまり、貴方に適切な企業を提案できないことになります。

業界経験があったり、これまで多くの人を転職させてきた担当者です。しっかりと自分の仕事やキャリアに対する思いをぶつけてみましょう!

エージェントはあらゆることに配慮してくれます。

業界や内部事情に詳しいエージェントがサポートしてくれます。

doda側があなたの経験やキャリアに見合った担当者を選定します。ある程度担当者を指定することができるようですが、ただ、例外があり男性が女性を指名することは出来ません。

例えば、働きながら転職活動をしているのですから、面接の時間なんてなかなかとれないですよね。面接の時間なども配慮してくれますし、もし面接でダメだったとしてもその内容も教えてくれます。

dodaは業界や内部事情に詳しいエージェントがサポートしてくれます。きっとあなたの期待以上のサポートをしてくれるでしょう。

\ 3分以内で登録無料/

セミナーやイベント

dodaでは、セミナーやイベントが頻繁に開催されます。それ自体に参加するだけで有益です。

私もそうでしたが、なにより自分と同じ境遇の人がこんなに居るんだと感じるはずです。

みんな真剣に転職について考えているし、自分の未来を変えようとしています。そんな姿をみると自分も大変刺激になったことを覚えています。

doda(デゥーダ)の悪い評判

求人に偏りがある

ITエンジニアやメディカル系に特化した専門サイトを運営しているが、基本的には総合型転職エージェントです。

特定の業種や職種に特化した情報は特化型転職エージェントに比べると劣る部分もあるでしょう。

また、求人のエリアについても少々偏りがあります。多くが都心部が中心であり、地方は少ない印象です。

もし、地方を希望の場合は地方に特化した転職エージェントへの登録しておくことをオススメします。

 

キャリアアドバイザーの当たりハズレあり

アドバイザーと言っても業界や職種に詳しい人もいればそこまででもない人がいます。

ネット上での悪評は多くはアドバイザー絡みのことですね。ここは正直当たり外れもあるかもしれません。

ツイッター上でのやり取りです。担当の不満ツイートに対してdoda側が対応していますね。

dodaではアドバイザーを変更することもできます。それでもダメなら他の転職エージェントを利用することも良いでしょう。

 

メールや電話がしつこい

 

ツイッター上でのやり取りです。メールがうざい!といったツイートにdodaの職員が対応しているようですね。

doda側には登録情報設定ページの「メール配信設定」で停止で、うざいメールが止められるようです。

 

doda(デゥーダ)の良い評判

dodaで転職活動をしている人は、どういった印象だったのでしょうか。いくつかピックアップしたので見ていきましょう。

WEB広告業界でやりがいを持って仕事していたが、1年目はそれなりにできていたが実力がつくに連れて抱える案件の数も多くなり、最高で50社を同時進行で進めていた。プライベードでもミスがないかと常に緊張状態となり、3年目に体調を崩してしまい転職を決意。

ー doda担当者からイベント会社を紹介されました。どうやらそこそこイベント事業としては案件を抱えているものの、WEB化が進んでおらず職員も高齢でネットリテラシーが無いとのこと、ぜひ即戦力で!との求人を紹介された。

転職してわかったのですが、WEB上の広告を数をこなすような仕事より、おっちゃん達に教えながらじっくりと一つのイベントに時間をかけてやる仕事の方が向いていると気がつきました。

あろさん 25歳 WEB広告→イベント会社

もともとバリバリに仕事をする環境よりは、ゆるりとゆとりを持って仕事できる環境を望んで食品メーカーに就職したのですが、5年目になると周りにできる人が誰もいない状況。今の状況を変えようとする人もいないし、新しい提案も全く聞く耳なし。本当にここにいて成長できるのか?他でも通用するのか?そんなことが不安になり転職を決意。

ー 変化のない職場より自分で考えて仕事ができるような仕事がしたい!とdoda担当者に相談。ネット広告の企画営業を提案されました。企画の仕事は0から作り上げる案件もあれば、クライアントの状況により企画内容を調整するなど自分で考えないといけないことが多いです。自分で創造していく仕事はきっと向いていますよ!

転職して企画の仕事は、過去もアイデアだけでなく新しいアイデアなどもどんどん採用してくれます。私にような業界の違う分野から転職した若手の意見も聞いてくれて採用もしてくれる。とてもやりがいがあります。

yamaさん 31歳 食品メーカー→ネット広告

デザインに興味があり、空間設計の企業に就職しました。しかし、デザインについてクライアントと話をすることはほとんどなく、施工業社との打ち合わせや工期に間に合わないからデザインがどうにかならないの?そんな打ち合わせを現場で深夜まで続くことも少ないありません。私やりたかったことって?こんなんじゃなかった!

ー doda担当者面接を繰り返していく中で、デザインの能力と経験についても申し分がないです。

食品メーカーのデザイナーに転職しました。上司や先輩とデザインについてあれこれ話したりできる環境は、今までよりもデザインにどっぷりと使っている感じがして自分に向いていると思います。なにより自分で考えたポップやパッケージが採用されることの喜びを感じています。

ゆりさん 27歳 空間デザイン→食品メーカーデザイナー

20代30代の若い世代が多く利用し転職に成功している人のいますね。dodaのフォローに対する満足度も高いようです。

さいごに:転職するなら早めにしよう!

dodaは無料で登録するだけです。担当のエージェントがしっかりとサポートしてくれるので不安なく転職活動ができます。

無料のセミナーやイベント、エージェントとのキャリア相談も受け付けているので、無料登録して話を聞くだけの価値は間違いなくあります。

20代30代の満足度が高く就職して10年未満の方がdodaから転職に適しているでしょう。

転職するのであれば早い方がいいです。20代の方が環境の変化への適応も早いですし、何より若い方が失敗してもいくらでも修正が効きます。

終身雇用が難しい今の日本では、若いうちになるべく早く実力をつけてどんな職場でも活躍できる実力をつけるべきです。

自分に合った職場でないと学びは少ないです。転職して自分が成長できる職場へ転職しましょう!

\ 3分以内で登録無料/

 

 

転職を考えているならとりあえず無料登録!

 

 

退職したいけどできないあなたへ!

 

 

 

ABOUT ME
もりだい
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→そこそこ大変だが楽しく働く→北海道でストレスなく生きています。 副業・投資・子育ても頑張っています!