働く悩み

同じ話を何度も繰り返す人への対応【心理特徴は3つ/ガン無視もあり】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業に転職して、北海道でサラリーマンしながらゆるりと生きている@もりだいです。

何度も同じ話をする人っていますよね。昨日と同じ事また言っているよ!この人、記憶障害なのか?どうして同じことを何回も何回もいってくるの?

みんなうざがっているのになぜ気が付かないのでしょうか?周りはどのように対応したら良いのでしょうか?

 

この記事でわかること

同じ話を何度も繰り返す人の心理的特徴

同じ話を何度も繰り返す人の対応

 

今回は同じ話を何度も繰り返す人の心理的特徴と対応について解説していきます。

同じ話を何度も繰り返す人の心理的特徴

知識がアップデートされていない

同じ話を何度も繰り返す人は、知識がアップデートされていないことが多くあります。知識が新たに吸収していないので、新しい話をすることができないのです。

 

若い頃は勉強して新しい知識をインプットどんどんして仕事ができるように努力するでしょう。

 

でも、40代50代で会社でのポジションが確保できた人は、これ以上勉強しても今より良い未来なんてないし、努力して勉強をしても意味がないと感じているかもしれません。

 

今更新しい知識をアップデートしても、見合った報酬を得ることができないと感じている可能性があります。結果として、新しい知識をアップデートしなくなっていくのです。

 

 

基本的な話しか出来ない

「お客さんは大切にしないといけない」「仕事はしっかりとするべき」どちらも間違えではありませんよね。でも現場での問題は、その基本的な話では解決できなことが往々にしてあります。

 

そこで実践的なアドバイスが求められるわけですが、それができない時は、「基本的な話」をすることが無難になります。

 

なので、無難な線を選択した結果、同じ話を何度も繰り返すことになっているの可能性があります。

 

 

基本的な話しかしないのは「具体的なアドバイスができない」「うまく説明できない」「間違ったことは言えない」などと考えからでしょう。つまり一種の心理的な防衛反応です。

 

 

口下手

建設的な話をできない人の中には、元来右脳型思考の人がいます。右脳型思考の人は感性的に物事をすすめてきているので、建設的な考えをすることがとりわけ不得意です。

 

 

右脳型思考の人で感性的に物事をすすめる人は、社会人になってから形成されたわけではなく、幼少期の頃からの思考の癖みたいなものです。

 

 

なので、社会人なったからといって改善するわけではありません。本人が意識的に建設的な思考を組み立てをしないと改善しないでしょう。

同じ話を何度も繰り返す人への対応

とりあえず頷く

同じ話を何度もする人はすぐには改善しません。長い目で関わらないといけません。

 

同じ話をしていることに飽き飽きしていても、その場はひとまず「そうですよね」「うんうん」と頷いておくことが無難でしょう。

 

【理解できない!】わかりにくい曖昧な指示を出す上司への対処5選「もっとちゃんとやって!」「もう少しできるじゃん!」「こんな感じよ!」そんな指示ばかり言ってくる上司いませんか?すべてが抽象的すぎてわからないですよね。そんな上司の下についてしまった部下はたまったもんではありません。今回は、具体性のない、わかりにくい曖昧な指示を出す上司への対処方法を紹介します。...

ダイレクトに言ってみて反応をみる

直接本人に「同じことを何度も言っていますよ」と言ってみます。その時の反応で、どうして同じことを言っているのかを分析してみましょう。

 

怒ってくる

逆ギレするようであれば、「良かれと思って言っているのに、、、」と感じているはずです。本人は何度も同じことを言っていることを、周囲が不快に感じていることに自覚がないことになります。

このタイプは無意識ですのですぐには改善は難しいでしょう。

 

 

笑いで流された

笑って誤魔化すようなら、多少自覚がある可能性がありますので意図的に同じ話を何度もしていることになります。

 

意識して同じ話を繰り返しているので改善の可能性はあります。「また同じ話してますよ!」と冗談交じりで話をしながら、周りが不快に感じていることを伝えて改善を求めましょう。

 

距離を置きガン無視

何度も同じことを言ってくる人の中には、貴方を洗脳するかのように自分の考えを押し付けようとする人がいます。なかには、貴方の人権すらも否定するかのように、繰り返し同じことを言ってくる人もいるでしょう。

 

このタイプの人は相当たちが悪いです。

 

洗脳するかのように自分の考えを押し付けようとする人とずっと居ると、貴方が洗脳され挙句の果てには自己嫌悪に陥ってしまいます。
少しでも、そう感じたら距離をとり関わらないようにする方が良いでしょう。

 

あまりにもひどい職場環境なら違う職場を検討することも良いでしょう。

1.doda転職エージェント:「なんせ転職自体がはじめて」「周りにも転職経験者いない」「転職が不安!でも転職したい!」そんな人には、dodaがオススメです。

 

2.mentors:友達でもない。上司でもない。第三者からのキャリア相談を受けることができます。2,000円以下で第三者の経験豊富なメンター達からキャリア相談を受けられるので相当お得です。

 

3.JACリクルートメント:各業種専門のコンサルタント800人が求人の詳細や仕事内容などを提供してくれ安心。ミドル世代や管理職クラスには、JAC-Recruitment一択だと思います。

 

 

まとめ

同じ話を何度もする人の特徴は、「知識をアップデートしていない」「基本的な話しかできない」「口下手」などがあります。

 

これらの特徴から自分本位の考え方であることが特徴としてあると思います。何度も同じ話をする人に好感を抱くでしょうか?

 

無自覚であれば、あまりにも周囲をみえていることになります。そういった人は自分から改善することは難しいでしょう。なので、第三者から直接伝える必要があります。直接伝えてみてその時の反応がよければ改善する気があるのだと推察できますね。

 

でも、煙たがられたり、より同じ話をするようになればそれは「努力不足」か「意図的にやっている」はずです。

 

自覚があるが改善しないのは個人で改善するつもりがないのです。なので周囲が「また同じ話しをしているよ!」と思っていることもわかっています。なのに、また、同じことを繰り返すのですから、努力するつもりがありません、ですから、新しく知識をアップデートすることもしません。

 

 

意図的に同じ話しを繰り返す人は、あなたを洗脳したり考えを吹き込もうとしています。もし本当に必要な話であれば素直に聞くことも必要でしょう。

 

そうでものなければ距離を置くべきです。そういったタイプの人は同じ話を繰り返し洗脳するだけでなく、あなたの精神をも崩壊させていきます。要注意です。

ABOUT ME
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→北海道でストレスなく生きています。 楽しく働き・自由に生きるをもっとうに、仕事辞めたい・行きたくない・できない人へのヒントを配信。