働く悩み

「仕事行きたくない!」マンネリから抜け出すには【打開策は4つある】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業に転職して、北海道でサラリーマンしながら副業でゆるりと生きている@もりだいです。

仕事がマンネリ過ぎて行きたくない!もうずーと同じことの繰り返して、俺はロボか?流れ作業?そんな風に考えてしまうことありませんか?

 

でも、社会人で長く働いていると少なからずマンネリ状態になって、やる気がなくなることも少なくないと思います。

 

この記事でわかること

仕事がマンネリで退屈な毎日(私の体験談)

仕事のマンネリから抜け出す打開策

 

今回は、仕事が毎日変わり映えがなくマンネリから抜け出す打開策について解説します。

 

 

仕事がマンネリで退屈な毎日(私の体験談)

私は、仕事がマンネリと感じ始めたのは、20代後半から30代中盤の頃です。新卒の頃は色んな仕事が初めての経験です。毎日が挑戦と失敗の連続で刺激的ですが、プレッシャーでもありました。

しかし、年齢を重ねるにつれて仕事がある程度理解できるようになります。もう少し上の仕事をやりたいと思っても、そこは管理職の仕事と線引されて、それ以上の仕事は行えなくなりました。そうなると管理職にならない限りは新しい仕事に挑戦することが許されないことになります。

加えて、中堅になりますのでミスも出来ない年齢です。極力リスクの少ない方法を選択していくようになります。結果的にはミスが無くなりますが無難に変わり映えのない仕事を淡々とこなす日々へと変化していきました。

 

仕事のマンネリから抜け出す打開策

普段話さない人と話してみる

いつも同じ人とばかり、コミュニケーションを取っていることがマンネリの原因だったりします。

 

 

周囲にいる人が新しい情報に触れていたり、新しい挑戦をしている人であったら、ずっとコミュニケーションを取っていても、自分の知らない情報を次々と教えてくれるのでマンネリにはならず刺激的でしょう。

 

 

でも、マンネリと感じているのであればあなたがいつも話している人からは新しい情報が得られない状態です。

 

ですから、いつもは接さない人とコミュニケーションを取ることでまた新しい情報が得られマンネリが解消されるかもしれません。

 

 

 

仕事以外で楽しみを見つける

仕事がマンネリなことは諦めて、仕事以外での楽しみを見つけることはどうでしょうか?

 

例えば、副業なんかで成果を上げることを目標としたら、仕事はある程度と割り切れます。そうなればマンネリだろうがそんなことは関係なくなります。

 

むしろ、マンネリな仕事をいかに早く終わらせて別な目標に時間を使うかを考えるはずです。

 

今の仕事がマンネリだったとしても、そこまで本気になって頑張らないで給与がもらえるわけですから保険がかかっている状態です。

 

 

マンネリの仕事も考えようによっては、有利に活用することもできます。

 

ルーティンを変えて、アウトプットをする

私の場合は、1日のルーティンを変えることが効果的でした。

昔の私は、朝は7時に起きて、8時に出社21時帰宅、1時就寝でした。

 

今の私は、朝5時に起床してブログ執筆と読書をします。朝から1時間半インプットとアウトプットをします。8時に出社して18時には退社します。18時までに仕事を終わらせると決めたら、どうしたら仕事が最も早く終わるのか工夫を始めますのでマンネリからも解消されます。

 

18時から19時まで音声メディアの録音とSNS配信です。この時間で仕事での出来事や改善点などをアウトプットします。

 

だから、仕事中はアウトプットに向けて、情報を仕入れないといけません。マンネリな仕事でも何かしら考え出し、改善点などを見つけ出すようになるのです。19時から20時までは家族との団らんで、20時から21時は読書をして就寝します。

 

 

起床時間や仕事など1日のルーティンに時間的制限をかけると頭を使い仕事を終わらせようとします。そして、アウトプットをルーティンに盛り込むとなんらかしらのインプットや考えをひねり出しますので、日々の生活から頭を使い出しマンネリから解消されます。

 

 

環境を変えてみる

「職場の席」「レイアウト」を変えるなど環境を変えてみるだけでもマンネリは解消されます。日々の他愛もない生活に少しだけ変化を加えてみましょう。

 

 

でも、下っ端だからそんなことできないよ!って思う人は、職場の上司に席替えを提案したり、模様替えを提案するのはどうでしょうか?乗ってくれる上司もいるかもしれませんね。

 

 

アメリカのシリコンバレーでは、意図的に室内の雰囲気や内装が違う部屋をいくつも作られているようです。その方がクリエイティブな発想がうまれやすいと言う理由だそうです。

 

 

 

確かに、仕事で疲れ果てた後で、カフェで仕事をすると疲れを忘れて仕事がはかどることがありますよね。

 

脳は同じ仕事でマンネリ化したり、ヘトヘトに疲れていても、環境を変えることでリセットされます。

 

まとめ

仕事のマンネリから抜け出す打開策は、普段接する人とは別の人とコニュニケーションをとる。環境を変える。1日のルーティンを変えてアウトプット中心に。仕事以外で楽しみを見つける。ことが良いと思います。

 

自ら日々に変化を加える工夫をしていくことが、マンネリからの抜け出すきっかけになると思います。

 

【評判】転職エージェントdoda(デゥーダ)の強み・特徴を紹介「dodaで転職したいけど評判は?」「dodaの特徴はどんなところ?」「転職サイトって面倒なんじゃないの?」と不安に思うことありますよね。今回は、dodaの強みを評価し利用した人の評判や特徴、他の転職エージェントとの比較について紹介していきます。...
ABOUT ME
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→北海道でストレスなく生きています。 楽しく働き・自由に生きるをもっとうに、仕事辞めたい・行きたくない・できない人へのヒントを配信。