働く悩み

ミスが怖くて仕事に行きたくない人へ【ミスには成功より価値がある】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業に転職して、北海道でサラリーマンしながら副業でゆるりと生きている@もりだいです。

仕事でミスをするのが怖くて行きたくない!そんな気持ちになることってありますよね。

仕事に行くたびにミスしてしまうし、なんだか、ミスをしにいってるみたい。自分なんか仕事に行かないほうがいい?みんなに迷惑ばかりかけてるし、、、

 

この記事でわかること

なぜミスが怖いのか?

仕事でミスが怖くて行きたくない人へのアドバイス

 

仕事でミスが怖くて行きたくない人へ、私の体験談からミスとの付き合い方についてアドバイスをします。

 

 

なぜミスが怖いのか?

私の体験談

私は、仕事のミスをすることがものすごく嫌でした。理由は2つです。

仕事のミスについて上司から「詰められる」こと。周囲からの評価を気にしてしまうことです。

上司からの強い指導と周囲からの評価がストレスで、ミスすることへの恐怖が強くなっていきました。

ミスしないように毎日毎日慎重に仕事を進めるので仕事が遅くなり、新しく仕事を与えらることも否定的になっていきました。

結局「仕事が遅い」「積極性がない」と周囲からは評価されるようになり、ミスが怖くて仕事に行きたくない、状況へと陥ってしまいました。

 

会社で「仕事できない」レッテル貼られた【挽回には、まず犯人探し】会社でいくら必死にやっても過去の仕事の出来とかで、「あいつは仕事が出来ない」そんな、レッテルを貼られたけど、いつか挽回したい!そんな人居ませんか?今回は、仕事出来ないレッテルを貼られた人が挽回する方法について解説します。...

 

仕事でミスが怖くて行きたくない人へのアドバイス

職場環境を見てみよう

ミスが許されない職場状況ではないでしょうか?ミスをすると「詰められる」ような職場。また、ミスをあざ笑うような職場の風紀。

 

そのような職場ではミスをしないことが最重要項目になっているでしょう。ミスが怖くなることも当然です。

 

 

ミスはあってはいけないことと捉える職場では、新しい挑戦や学習意欲が下がり職員のモチベーションが下がります。

 

「ミスを隠したり」「ミスをしないように無難な仕事しかしない」などの仕事ぶりになっている職員が多いです。

 

 

ミスを強く指摘するのではなく、ミスに対して今後どのように向き合い進めるのか?そこを考える職場文化が必要でしょう。上司や管理者にミスへの指導のあり方について、話してみましょう。

 

 

 

ミスはつきものだと考える

何か新しいことを始めるとミスは必ず起こります。それは誰もが多かれ少なかれ起こるはずです。そのミスに対して自分自身がどのように向き合うのかに違いがあります。

 

「人生はトライ&エラー」と考えるのはどうでしょうか?

 

人間は生まれてからずっとミスを修正しながら成長しています。なのでミスが無いと成長しません。歩けるようになることも自転車に乗れるようになることも、始めはみんなミスをしていたはずです。

 

子供の頃は好奇心旺盛でいろんなことにチャレンジしていきます。だからミスが多いのも当然です。

 

 

でもいざ社会人になるとそこは知識だけは太刀打ちできないことばかり、学生時代のような正解探しや暗記ゲームではありません。

 

正解がなく、ルールも曖昧なことが多いです。その中で最適解を見つけ出しながら進めないといけません。当然ミスの方が多いに決まっていますよね。

 

 

「このミスを未来への一歩」と前向きに捉えられるようになると、ミスを怖くなくなります。

 

 

ミスが怖いのではない!

仕事のミスをすることが怖いのではありません。上司からの指導や指摘、周囲の評価や目線が怖いだけです。

 

他人の評価を気にしないでいればミスなんて怖くありません。

 

他人が自分のことをどのように評価しようがそんなことは関係ありません。実際は自分自身で昨日の自分よりも成長できているのか?そこに焦点を当てないと他人の世界でした生きないことになります。

 

他人の評価を気にするばかりに、時間と労力を使う人生は本当に無駄です。

 

 

もしあなたが他人の評価ばかりを気にしているのであれば即刻やめたほうが良い。ミスをした自分が改善するべきことに集中しましょう。

 

成功よりもミスには倍の価値がある

成功するための方法は数無数にあります。「この方法であれば成功する」などの聖杯なんてありません。あったとしたら皆成功しているはずですよね。だから、成功するには正解がないです。

 

でも、失敗には必ず法則性があります。ミスから得られることは失敗の法則性を経験・蓄積できることです。だから、成功体験を聞くよりも失敗談を聞くほうが数倍価値があります。

 

 

仕事のミスをもう一度同じミスをしないための法則性を経験・蓄積していると考えましょう。

もう同じ地雷は踏まないために。。。

 

 

 

仕事のミスを前向きに捉えることが大切

ミスをしないで仕事をすることは、「うまくできないこと」や「新しいことに挑戦しない」ことになります。それでは成長もできませんし成功なんてできるはずがありません。

 

確実にミスをしないで仕事ができるのはロボです。ロボットであればミスを極限まで減らすことができるでしょう。

 

でも、世の中の仕事の多くは1+1=2などの単純な計算で成立しているものではありません。学生時代の勉強のように正解がある問題でもありません。

 

多くは正解も無いしルールも曖昧な世界です。そんな中で仕事をするのは高次な活動であることは間違いありませんよね。だから、ロボには処理できないわけです。

 

ミスは成長の種です。今のミスをもう一度繰り返さないように修正改善していく作業が、ミスの法則性を導き出すことになります。「ミスの回数を減らすことができれば、成功へ近づく」と考えると良いでしょう。

 

 

【評判】転職エージェントdoda(デゥーダ)の強み・特徴を紹介「dodaで転職したいけど評判は?」「dodaの特徴はどんなところ?」「転職サイトって面倒なんじゃないの?」と不安に思うことありますよね。今回は、dodaの強みを評価し利用した人の評判や特徴、他の転職エージェントとの比較について紹介していきます。...
仕事行きたくない!朝起きれないし、涙が出る。もう朝が怖い!仕事に行きたくなくて朝起きれない現象は、多くの人が経験するはず。起きれないだけでなく、寝つきも悪いし朝が来るのが怖くも感じてきます。朝目覚めると涙が出てき、ものすごく辛い気持ちになることがありますよね。今回は、仕事に行きたくなくて朝起きれない、朝が来るのが怖い、朝から涙が止まらない原因と解決方法について解説していきます。...

 

ABOUT ME
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→北海道でストレスなく生きています。 楽しく働き・自由に生きるをもっとうに、仕事辞めたい・行きたくない・できない人へのヒントを配信。