テクニカル講座

FXで人気のMACD(マックディー)設定とエントリー手法の使い方

FXで人気のMACD(マックディー)設定とエントリー手法の使い方。上手く機能しないときのことについて解説していきます。

こんにちは!本ブログ「m-dopa.com」を運営している科長トレーダー時々ぱぱ@えむどぱです。

FXで多くの人がMACDを使っていることは、皆さん知っていますよね。

でも、MACDってどんな計算でどんな時に売買のサインが出ているのか?

どんな時は上手くはまらないのかって実はわかりづらいですよね。

今回は、そんな疑問を解決していきます。

マックディー(MACD)について

MACDとは

1960年代にジェラルド・アペルによって開発されました。2つの移動平均線使って分析する手法になります。

MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、その頭文字で「MACD」、読み方は「マックディー」で、日本語では「移動平均収束拡散法」といいます。

Convergenceは収束でDivergenceは拡散を意味し、2つの移動平均線の接近と離散で相場を分析していくわけです。

MACDの基本設定

MACDラインとシグナルライン

簡単に言うと2つの移動平均線の差を取ったものです。

その2つの指数平滑移動平均線(EMA)で、12EMAと26EMAの差をみています。

 

MACDライン=12EMA-26EMA

シグナルライン=MACDの単純移動平均線(SMA)

ヒストグラム=MACDラインとシグナルラインの差

MACDラインとシグナルラインの方向が上向きでありは上昇トレンドで、下向きであれば下降トレンドと判断します。

MACDラインとシグナルラインがクロスするポイントが売買のポイントがトレンドの転換点をなることがあり、相場と合致することが多いので売買の根拠(ゴールデンクロス・デッドクロスなど)とされることがあります。

MACDで見れること

トレンドの方向性

MACDとシグナルラインの方向性でトレンドを判断することができます。

MACDがした方向であればダウントレンドで上方向であればアップトレンドであるとみることができます。

なので、大雑把にトレンドの方向性を判断するには大変有効なオシレーターになります。

トレンドの反転

実際のチャートでは下がっているのに、MACDは上がっている。このようにチャートとMACDが逆の状態になっていることを「ダンバージェンス」と呼びます。

ダイバージェンスが発生するとトレンドの天底で発生することが多いので逆張りのサインと捉えることもできます。

 

 

主なエントリーの仕方

ゴールデンクロス・デッドクロス

ゴールデンクロス

MACDラインがシグナルラインを下から上にクロスした時。これが買いのエントリーポイントと捉えることができます。逆にショートエントリーしていた人では利確の判断基準とすることもできます。

デッドクロス

MACDラインがシグナルラインを上から下にクロスする時。これが売りのエントリーポイントと捉えることができます。逆にロングでエントリーしていた人には利確の判断基準賭することもできます。

 

 

ゼロラインクロス

ゼロラインクロス

MACDのゼロラインをMACDラインが上から下にクロスしたら売り。下から上にクロスしたら買い。

とても、シンプルな方法ですよね。

 

ダイバージェンス

トレンドはありダイバージェンスがある

トレンドがあらかじめあり、ダイバージェンスを確認した場合は、EMA12 EMA26の転換点をエントリートリガーとする。

ダーバージェンスが起こっている状態は上昇下降トレンドが等速度の状態です。その状態ではMACDはゴールデンクロスしたりデッドクロスしたりしますのでエントリーの根拠になりづらいです。

なので、MACDではなく移動平均線をエントリー根拠とすることをおすすめします。

トレンドはあるがダイバージェンスなし

トレンドはあるのにダイバージェンスしていない状態はトレンドが急加速している状態です。

移動平均線も離れますし、MACDも離れます。

エントリー根拠はMACDがクロスするポイントが狙い目です。

 

MACDが機能しない時

レンジ相場

値動きの少ないレンジ相場では、MACDは頻繁にクロスしたりしますのでだましが多くなってしまいます。

 

まとめ

チャート分析に人気のMACDは、トレンドの判断に使えるオシレーターです。

トレンドの方向性や反転を判断することもできます。

売買のタイミングではMACDとシグナルラインのクロスで売買のタイミングとなります。明確な売買ポイントなので再現性があります。自分のルールとする意味での使い勝手は良いです。

だたどんな状況でも機能するわけではなく、レンジ相場やダイバージェンスもありますので注意が必要です。

 

 

 

ABOUT ME
えむどぱ
えむどぱ
100人の部下を抱える管理職をして10年。3人の子供の教育費に日々悩まされ、副業に取り組んでいます。副業はFXとブログ運営。副業の結果を日々記録していきます。 自身の体験をもとに会社組織での立ち振る舞いや副業での実績を公開!副業・資産運用、仕事・キャリア論などについて発信していきます。