部下のモチベーションを下げ、やる気を削ぐ上司の言動

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク

こんにちは もりだいです。

部下のモチベーションがなかなか上がらなくて困ること多いですよね。

部下に原因があると思いがちですが、

それは上司に責任があるのかも知れません。

実は上司がモチベーションを下げやる気を削ぎ取っていることもあるようです。

上司がやりがちな部下のモチベーションを下げたり削いだりする言動について調べました。

スポンサーリンク

他人の愚痴を言う

部下の愚痴や悪口を陰でコソコソを言っているのは良くないですね。

それも、陰口をワザと見えるように言っている上司はより最悪です。

部下はそんなの上司の姿を見ています。そして、自分のことを言われているのかといつもアンテナをたてています。

そうなると、上司の機嫌ばかり伺って誰もチャレンジしたり新たな試みをしなくなります。

ただ生活のために仕事している人はそれでも良いかもしれませんが、やる気がある部下にとっては苦痛以外何者でもありません。

思いつきで意見がコロコロ変わる

この前の報告書できた?

その件でしたら、先日指摘された通りに寸法5cmに修正しましたが。。。

違う!違う!やっぱり7cmにして!

 

でも、5cmと言われたのでそれで全体を修正していますので。。。全部くるってきます。

でもやっぱり7cmで頼む!

上司の意見が職場のルールになります。そのルールがコロコロ変わるようでは、部下たまったものではありません。

 

この前は右に行ったのに、今度は左?いったいどっちが正解なの?

なんて事が横行するような上司は部下のやる気を削いでいきます。

その日の気分で機嫌が乱高下

「だからそれはー」「意味ないって!」「言わなくてもわかるだろ」

かと思いきや

「気が効くねありがとう」「助かるわー」「さすがだわ」

気分次第で言うことが180°違う上司は周りが翻弄されますね。

厄介なことに本人に悪気がないことが問題です。

常に忙しいアピール

今お時間よろしいですか?

急ぎの用件?短時間であれば!結論から言って!

解決済みですが、報告までと思いまして

 

それならいい!

そこまで忙しそうにされると、どのタイミングで話かけて良いのか?

相談しても上司のペースで回答されるので理解できないことも

部下からすると、それは上司ではなくただの「忙しい自分に酔っている人」

抽象的な指導ばかり

この前の先方からのクレームの件だけどやっぱり根本が理解されていないと思うよ!

その件でしたら再三指導しました。

でもね、物事の本質的部分を理解していないとそういうことが起こるんだよ!

物事の本質とは具体的には?

本当に大切なことをイメージしないと!

こんな上司に当たるともう大変!この指導は全く何も言っていないのと同じですね。

具体性にかけます。何をすることが正解なのかわかりませんね。これでは部下は指導が正しかったのか?間違っていたのか?判断ができません。

結果的に指導するモチベーションを下げる原因になります。

 

まとめ

他人の愚痴を言うことは部下が萎縮してしまう原因

意見がコロコロ変わるのは何が正解かわからなくなる

その日の気分で機嫌が乱高下するような上司は部下が機嫌を伺いモチベーション低下

常に忙しいアピールする上司はただの「忙しい自分に酔っている人」

抽象的な指導ばかりする上司は、部下が正しかったのか?間違っていたのか?判断できずやる気を削ぎます

 

 

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
moridaiをフォローする
スポンサーリンク
えむ-どぱ

コメント