働く悩み

【仕事辞めたい】やる気が出ない30代へ【原因と解決策は5つある】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業に転職して、北海道でサラリーマンしながらゆるりと生きている@もりだいです。

「このままダラダラ仕事していても将来大丈夫なのかなあ?」

「散々戦ってきたけど、変わる可能性あるのかぁ?」

「全然評価されないけど、ここからでも評価されることあるのかなあ?」

「別の会社に転職したらやる気が出るのかなあ?」

そんなこと考えたりしますよね。

 

30代は会社でも中堅となり、組織の中でもストレスの多いポジションでしょう。また、ライフイベントもある年代になっていますので、仕事とプライベートの両立が難しい時期でもあります。

 

この記事でわかること

【仕事辞めたい】やる気が出ない30代の5つの原因

30代で「やる気が出ない」を放置するとヤバイ

【仕事辞めたい】やる気が出ない30代へ5つの解決策

 

 

 

今回は、【仕事辞めたい】やる気が出ない30代へ原因と解決策について解説していきます。

 

【仕事辞めたい】やる気が出ない30代の5つの原因

①全く評価されない。

20代の頃は同期とも遜色ないくらいの仕事が出来ていた。上司からの評価もまずまず悪くなかった。

 

30代になると同世代の中でも、頭一つ抜けて出世する同僚も出るようになった。自分なりに一生懸命やっているが、評価してもらえない。最近は、年下の後輩達が先に昇進していく現状。

 

どうして自分だけ評価されないのか?」と悩むこともあるでしょう。

 

それは、あなたにはすでに、「あまり仕事が出来ない」などのレッテルがすでに貼られているのでは無いでしょうか?

 

これを挽回するような仕事をしようと、もがいても先に成果を上げている同僚や後輩がいるはずです。

 

そいつらが将来の有力候補とされ、上司や社長は有望株ばかりを引き上げる戦略になっている可能性がありますね。

 

私が昔勤めていた会社では、他の社員よりも自分の方が評価が低くなるようにされていました。当時、営業の仕事をしていました。

月末になるとノルマの報告があるのですが、いつも売り上げや件数は私が最下位。理由は、他の職員よりも激戦区での営業だったのです。それを加味せずに評価され、上司から指導を受ける日々。

「これって公平なジャッジなの?」そもそも戦っている場所が違うのに、負けが多いよねって言われても、、、そのように上申しましたが聞き入れてくれませんでした。

どうやら、私はすでにハメられていたようです。

 

 

会社で「仕事できない」レッテル貼られた【挽回には、まず犯人探し】会社でいくら必死にやっても過去の仕事の出来とかで、「あいつは仕事が出来ない」そんな、レッテルを貼られたけど、いつか挽回したい!そんな人居ませんか?今回は、仕事出来ないレッテルを貼られた人が挽回する方法について解説します。...

②仕事が全然楽しくない

20代の頃とは違い、仕事に対するモチベーションややる気が出てこない。入社したての頃は、あんなに仕事が楽しかったのに、今となっては全く苦痛にしか感じられなくなっている。

 

 

もちろん、褒められることも少ないですし、承認欲求は満たされないと思います。仕事をしていても楽しくないと感じるでしょう。

 

 

30代になると上司や先輩に頼ることなく、仕事を一通りこなせるようになりますよね。なので、20代の頃のような新しい仕事を出来た喜びや達成感なんかも薄れてきます。

 

③目標が見えない

 

20代の頃のようにモチベーションが上がらない。昔はめちゃくちゃ頑張れたけど、今は何も頑張れば良いのかがもうわからない。

 

 

毎日毎日、職場と自宅の往復。「何のために仕事をしているのか?」「働く目的はなに?」そんなことを漠然と考えるようになった。

 

20代の頃はそんなこと全く考えてなかったのに、どうして最近そんなこと考えるのだろう?

 

 

30代になると仕事の目的を見失いがち、今の仕事が何の意味があるのか?誰の役に立っているのか?などの「悩み」や「やる気」を失うことも多いと思います。

 

④もうすでに未来が見えている。

このまま頑張っても役職の席は向こう10年は空かない。つまり頑張っても頑張らなくても偉くなんてなれない。そんな会社でいつまでも空かない役職の席を見ていても意味あるのか?

 

「ある程度のポジションに着いたらあとはふんぞり返っていればいい。」「何もしなくても部屋にこもっているだけで逃げ切れる」「マインクラフトやっていても文句言われない」
そんな奴らばかりじゃないですか?

 

最近はサントリーの社長が45歳定年論的な発言をしましたね。
もちろん年齢と共に脳や身体は衰えます。年齢ではなく、実力で判断される会社であるべきですよね

 

⑤もう散々上司や経営陣と戦ってきて灰になってる

これまでずっと上司や経営人と闘ってきた。でも、全く変わらない。

「このまま、まだ戦うのか?」

 

20代後半から上司との考え方や方針の違いについて戦ってきた。自分の考えは間違えていないし。それなりに成果も出してきた。

 

上司や経営陣の考えでは成果も出ていない。実際自分の考えを方針に乗せる方が成果は間違いなく出るはず。

 

でも、一向に話を聞き入れてくれる様子がない。これまで5年くらい戦ってきた。最近は上司の反応も飽き飽きされているのを感じている。

 

正直、まだこの会社で戦い続けるのは体力・精神的にも限界で「やる気」がなくなった。

 

30代で「やる気が出ない」を放置するとヤバイ

30代で仕事へのやる気がなくなった状態で定年まで逃げ切ることは難しいでしょう。そして、40代になるとやる気を再度取り戻すことは本当に難しくなります。だから、30代のうちにもう一度チャレンジしてみるしかありません。

 

  1. 今の会社でもう一度チャレンジするか?
  2. 別の会社で再チャレンジするか?

 

人生100年時代。これから定年は70歳まで引きあげられる?そんな噂もありますね。定年も65歳には引きあげられ、今後年金の受給年齢も上がり、額も少なくなると言われています。何れにしても、少子高齢化で高齢者が働くのは当たり前の時代になるでしょう。

 

30代のあなたは、後30年は稼がないといけません。今の気持ちのまま30年間働くことは本当に地獄だと思います。

 

できるなら、もう少し前向かな形で働き続けたいですよね。

 

さー30歳で仕事へのやる気がなくなることはよくある話。悩みやストレスがあるのはわかりますが、行動するしかないですよね。

 

 

40代に突入すると、すでにチャレンジする気力も残っていないでしょうし、手遅れになっていると思います。もう一度チャレンジするには30代の今しかありません。

 

【仕事辞めたい】やる気が出ない30代へ5つの解決策

①「仕事の楽しさ」→「仕事を楽しむ」へ

「仕事の楽しさ」を求め続けていても意味がないです。

「仕事の楽しさ」とは他人から与えられるものです。ですから、「仕事を楽しむ」ことを考えましょう。

 

「仕事を楽しむ」は能動的な楽しさになります。今の仕事をどうやって楽しめるのか?どこに楽しめる要素があるのかを考えましょう。

 

例えば:日々の単調な仕事は、いつも代わり映えのない工程でほとんどミスることなくできる。でも、その工程を細分化してもう少し効率化できることは無いか?もう少し早くできるようにならないか?自分以外の後輩がうまく出来ないか?

 

 

日々の単調な仕事を少し俯瞰してみてみましょう。そうすると、改善が必要な部分が見えてきます。そこに焦点を当てて取り組んでみましょう。

 

②他人の目を気にしない

仕事は他人に評価されるものです。ですから社長や上司の評価や視線は気になりますよね。でも、上司が求めるものを追い続けても上司の奴隷にしかなりません。

 

評価されないのであれこれと試しは辞め、最後には評価されないので行動することを辞めてしまいます。そうなると自分自身は成長出来ないことになります。

 

評価をしてくれない職場に今後30年居続けますか?失敗を徹底的に叩く職場に居続けますか?30代で成長出来ない会社に居るほど無駄なことはないでしょう。

 

一旦、「社長や上司の評価を気にせずに暴れ切ってみるのはどうでしょうか?」その行動を起こしてみて、失敗してもそれはそれで経験になります。

 

社長や上司のあなたを見る目が変わると、これまでの評価されなかった仕事ぶりにも目を向けてくれるかもしれません。実際、あなたが行っている仕事の質が悪く無いのであれば、社長や上司のあなたに対するバイアスさえ取り払えたら、評価も全く違うものになるはずです。

 

これまでも、あなたなりに挑戦してきたでしょうが、もう一度チャレンジしてみましょう。

③目標を見つける

仕事の目標は大きく分けて2つあります。

①「誰かのためになること」=利他的な目標

②「自分のためになること」=利己的な目標

 

「誰かのためになること」を仕事の目標にすることが理想です。しかし、それを見つけるのはとても難しいです。ですから、「自分のためになること」から仕事の目標を考えてみましょう。

 

とにかく、「稼ぎたい」「偉くなりたい」「誰にも負けたくない」そんなゴリゴリの目標でもいいんです。決して悪いことではありません。

 

最終的には「自分のためになること」→「他人のためになること」そんなイメージで目標を決められることがベストです。

④もうすでに精神を病んでいるかも

「朝起きるのがつらい」「夜眠れない」「いつも元気がでない」などはうつ病の始まりかもしれません。

 

うつ病の人は、「自分がまさかうつ病になるとは思っていなかった」という人が多いです。自分自身で自覚がないうちに徐々に精神が病んでいくことがあります。もし、このような症状があるようでしたら要注意です。

 

仕事行きたくない!朝起きれないし、涙が出る。もう朝が怖い!仕事に行きたくなくて朝起きれない現象は、多くの人が経験するはず。起きれないだけでなく、寝つきも悪いし朝が来るのが怖くも感じてきます。朝目覚めると涙が出てき、ものすごく辛い気持ちになることがありますよね。今回は、仕事に行きたくなくて朝起きれない、朝が来るのが怖い、朝から涙が止まらない原因と解決方法について解説していきます。...

 

 

でも、いきなり精神科は少し抵抗があると思います。Unlaceは24時間365日連絡可能で、病院と違い事前の予約・来店不要です。すぐに病院に行かなくてもオンラインでのカウンセリングを受けることできますのでオススメです。

»顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

 

⑤環境を変えるー仕事を辞めて転職するー

「これまで散々戦ってきて挑戦する気力もない」「社長や上司からもうすでに仕事出来ない奴扱い」「昇進の可能性がほぼゼロ」

 

このような状況ではもうすでに積んでしますね。もうどうすることも出来ないでしょう。その環境でチャレンジしても結果はみているのではないでしょうか?

 

でも、30代はまだまだ新しい場所で再チャレンジできる年齢です。

 

あなたの市場価値や職務適正を調べるのはどうでしょうか?登録は質問に答えるだけ。職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要です。

»【無料】「ミイダス」で市場価値・職務適正を調べてみる

 

あなたが今やる気がでないのは、あたな自身の問題ではないですよね。あなたを取り巻く環境であったり、これまでの会社の歴史だったりするはずです。それらを変えるのは本当に時間がかかりますし、体力も精神力も必要でしょう。

 

30代はまだまだ転職して新しい会社で活躍できる可能性があるのに、もうすでに無理ゲーの会社で時間をドブに捨てるようなことは辞めましょう。

 

働きながらでも、自分の希望の転職先をストックしていくこともできます。転職の具体的な手順がわからなければ、担当のエージェントが無料で教えてくれます。

 

今すぐ転職は出来なくても、転職サイトに登録さえしたら、メールで新規の求人や希望の求人案件をメールで知らせてくれます。登録は5分で出来ますし無料です。

 

 

まとめ

「全然やる気が出ないな」と悩むんでいるより、次の行動を考えましょう。まず、今の職場で今後も働き続けるのか?それとも転職して別の会社を考えるのか?そこで話が大きく変わってきます。

 

今の会社に留まりまたチャレンジするのであれば、まずは仕事の目的を見つけることです。「とりあえず時間が経てば、、、」その気持ちのままでは先はありません。まずは仕事の目的を明確にします。

 

それから、仕事を楽しむことです。「仕事を楽しむ」ことは能動的な動機になりますから環境に依存しません。仕事への考えが変わっていくと思います。

 

「今の職場では難しいな」と考えているのであれば、転職サイトに登録しておきましょう。「いきなり転職?」と思うかもしれませんが、働きながらでも転職の活動ができます。

 

登録は5分で出来ますし無料です。メールで有望な求人の連絡が来ますので、気になる求人はストックしておく事も可能です。

 

転職の不安や具体的な方法もエージェントや担当者がきめ細やかに教えてくれるので安心です。

 

 

 

ABOUT ME
もりだい
ブラック企業でパワハラ上司にロックオンされ退職→40歳でホワイト企業へ転職→結婚し子供3人→部下100人の管理職→北海道でストレスなく生きています。 楽しく働き・自由に生きるをもっとうに、仕事辞めたい・行きたくない・できない人へのヒントを配信。